ブログ

ZEH実績報告が終わりました&ZEHってなに?

水野建築は、一般社団法人 環境共創イニシアチブに登録された「ZEHビルダー」です。

「ZEHビルダー」に公開が義務付けられている2020年までのZEH普及目標と実績報告を先月の終わりに提出しました。

そして、先週の金曜日に訂正事項があり訂正をしました。

 
詳しくいことはコチラです

 

ZEH(ゼッチ)って何?

新築や建替えをご検討中の方は、新聞の折込チラシやテレビCMなどで「ゼロエネルギー住宅」や「ZEH」という言葉を見たり、聞いたりすることってありませんか?

 

だいぶこの言葉も浸透してきましたが、ZEH対応の家づくりをしている水野建築がこの「ZEH」についてお話していきます。

 

ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略なんです。

ネットのNはありませんが気になさらないでください。

 

ZEHとは、住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

 

 

ここで言っている「ゼロ」とは完全なるゼロではなく、実質(正味)ゼロ、つまりはプラスマイナスでゼロという意味です。

 

では、どうすればZEHとなるのかというと、エネルギー基本計画なるものがあります。

 

簡単に説明すると

・エネルギーの消費量を基準値以下に抑えた住宅にすること

・エネルギーをたくさん消費する住宅設備の省エネ性能を高める必要があること

・エネルギー消費量以上のエネルギーを生み出せるようにすること

となります。

 

つまりは、断熱・省エネ・創エネ(エネルギーを創る)の3つをそろえることでZEHが実現します。

メリットはどんなところにあるの?

新築・注文住宅をZEHにするメリットは次のような点です。

 

まずは、健康に暮らせることです

皆さん、ヒートショックという言葉はご存知でしょうか?

年間のヒートショックによる死亡率は交通事故の4倍以上と言われています。

ヒートショックの予防に対しても、ZEH住宅はとても有効です。

 

高断熱高気密住宅は、夏涼しく・冬は暖かいので、一般の住宅に比べて部屋の温度差が小さくなります。今は若くても将来は誰でも少しずつ老いていきますので・・・

 

次にランニングコストを抑えられます

ランニングコストとは生活をするために必ず発生する費用になります。

電気代、水道代、燃料費などですね。

エネルギー消費量が実質ゼロというわけですから、光熱費も実質ゼロにできるという可能性が大です。

 

屋根の大きさにもよりますが、大きめの太陽光発電を設置した場合には光熱費がかからず、むしろ売電による収入でプラスになることがあります。

これから先、何十年も生活すると考えると、光熱費がかからないというのは本当に大きなメリットですよ!

 

最後に、地球環境に優しいことです

政府がZEHを推進している最大の要因です。

子供や孫そしてその先の世代へ、今と変わらない住みやすい環境を残してあげるという観点でもとても大切なことですよ。

 

ZEH(ゼロエネルギー住宅)が2020年、日本の住まいの標準になります。

だからこそ、これからはZEH基準の住まいを建ててくださいね。

 

お陰様で創立54周年を迎える事が出来ました

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

 
■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る