eye-default

家づくりQ&A

注文住宅は価格が高いイメージがあるのですが・・・。

A.予算に応じて、きめ細かな提案が出来るのが注文住宅です。ライフスタイルに合わせて商品仕様などを自由に選ぶことができるため、コストダウンを徹底する部分と費用をかけてこだわりたい部分とを分けて柔軟に家づくりすることが可能です。つまり予算の範囲内で一番希望にかなう住まいを実現できるのです。更に弊社では他社と違いモデルハウス・営業マン・などを採用していませんので経費を大幅にカットしている分、お値打ちに御提供する事が出来ます。

建築費はどのくらいかかりますか?

A.注文住宅なので、仕様や形状・デザインなどで建築費は変わってきます。
たとえば形状の一例ですが建物を上から見た場合、約30坪の同じ面積であっても、建物の外周の長さが大きく異なります。

Aの場合をみると外周が202mに対し、Bの場合は外周が40mで済みます。
ここで言えることは、建物を上から見た場合は極力正方形に近づけたほうが、建築コストを抑えることにつながります。

また総建築費は、
(本体建築費+付帯工事費+諸費用)で構成されています。
*本体工事費は、過去に施工した新築住宅から算出した坪単価となり、平均で50万円くらいからです。
*付帯工事費とは、屋外電気工事や屋外上下水道、カーテン工事、照明器具などで、本体工事費の10%~15%です。
*諸費用とは、設計料・諸官庁手数料、登記費用、住宅ローン関係、火災保険などで、だいたい100万円~150万円です。
例:施工床面積35坪の場合
(本体建築費50万円×35坪=1,750万円+付帯工事費175万円(10%))+諸経費125万円=2,050万円です。
*施工床面積とは、吹き抜けやポーチなども含んだ建築全体の面積です。
その他に掛かる費用としては、地盤改良費、空調工事、外構工事、お客様のこだわり工事などがあります。

弊社の家でづくりはお客様と会話をすることから始まります。
お客様のこだわり、ご要望等などお互いに理解と納得するまで話し合います。
だから、後悔はさせませんので安心してご相談ください。

建築する土地を探してもらえますか?

A.弊社OB施主様の30%の方でも「土地探し」からスタートされています。
土地選びは駅近・生活動線などを考えて探される方が多いのですが、それだけではお薦めできません。
その土地がどのような変遷を辿ってきた土地なのか?地盤はどうか?上下水道は?外構などで無駄な出費は出ないか?など、通常の建築費にプラスされる要素を多く含んでいます。
地元で育ち地元の環境を知り尽くした水野建築にお任せ下さい。

保証やアフターメンテナンスはどのようになっていますか?

A.弊社は、保険法人、㈱日本住宅保証検査機構(JIO)・㈱住宅あんしん保証の登録会員となっています。
平成12年4月1日以降に契約した新築住宅には、瑕疵担保責任を履行しますので安心して建築して頂けます。
またアフターメンテナンスについては、当社独自の’家護り書’を配布し毎年定期点検を実施しています。その他の不具合などについては「何かあったら、すぐに連絡をください!飛んで行きます」とお話しています。

決まり切ったシステムよりも「いつでも安心」が水野建築の心意気です。

4月から5月にかけて、社員全員でお客様のお宅を訪問しています。また、11月にはカレンダーをお配りしながら訪問しています。(1年に2回は訪問しています)

また、水野建築とお施主様と「信頼」という名の【絆】でいつまでも繋がっていたいと考え、弊社では一年に一度、OB施主様を対象に「水野建築感謝祭」を開催しています。
それにより「私たちの今や今後」や「OB施主様の今や将来、困りごと」などのお話をしながら情報提供の場として活用して頂いています。

インテリアなどの相談は出来ますか?

A.ご安心ください。パートナー業者さんでインテリアコーディネーターの資格を持ち幅広く活躍されている舟橋あつこさんをご紹介しています。
舟橋さんは、主婦でもあるコーディネーターです。照明や壁紙・カーテンなどのコーディネートはもちろん、使い勝手、収納、メンテナンスでもある掃除など、ありとあらゆるご相談に応じます。
弊社での「お客様相談室」といったところでしょうか。

住宅ローンの事や資金計画などアドバイスはしてもらえますか?

A.はい。私水野孝治が、住宅ローンアドバイザーでもあります。
最終的な判断はお客様で行わなければなりませんが、制度や金利優遇などを考えて最もお得な条件の住宅ローンをご提供します。
また、住宅ローンはいくら借りれるかではなく、いくらなら無理せず返済できるか考えます。

リフォーム工事は行っていますか?

A.もちろんです。
弊社は工務店兼設計事務所という側面から、いろんな対応ができます。 実際には、耐震・省エネの改善工事やキッチン交換・外部塗装などの営繕工事も行っています。
建築士や耐震診断士などの有資格者として効果的なリフォームを提案しています。
また、施工する協力業者も新築時と同様の大工さんなどが丁寧な施工をいたしますので安心してご相談ください。
リフォーム工事は何といっても経験と実績です。
システムキッチンの買い替えがリフォームではありません。キッチンを取り巻く周辺の部分を、それぞれの問題点や事情に即してトータルに改善する事が、理想的なリフォームだと私は思います。高価なキッチンを選んでも、それ自体で楽しめる期間は意外に短いものです。物を交換して新しくする事がリフォームではありません。商品が主役ではなく、そこに暮らす家族が主人公にならなければ理想のリフォームとはいえないと思うのです。

在来軸組工法以外でも工事できますか?

A.在来軸組工法以外の鉄骨造での施工も可能です。
お客様より工法の指定があれば指定された構造で、「耐震」や「省エネ」を満足ゆくレベルで設計・施工が可能ですが、指定のない場合は、在来軸組工法で施工いたします。
また在来軸組工法の場合は、集成材での金物工法をお勧めしています。これは、「耐震性」の問題で「生材」の狂いや強度を補って余りある資材を使う事で安心感を得て頂く為です。

施工エリアはどこまで可能ですか?

A.岐阜県土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市、恵那市、愛知県春日井市、瀬戸市をメインとしていますが、車での移動で1時間以内でも対応可能です。また、その他の地域でも施工可能な場合がございますので、まずはお気軽にご連絡ください。

このページの先頭へ