eye-default

居心地のいい住まいづくりのために

住まいは「いかに快適に安心して長く使い続けられるか」、それは住宅の品質の重要な要素だといえます。
住宅自体としての長寿命はもちろんですが、家族構成やライフスタイルの変化に合わせて、いかに住宅をリフォームして住みやすく対応できてこそ、はじめて「いい住まい」と呼べるのではないでしょうか。
住まいに生活を合わせるのではなく、生活に合わせるべきと考えます。
あなたの夢と理想を「建築家 水野」この”こだわり”で叶えます。

欠陥住宅を作らない!

最も多い原因は施工を下請け業者に丸投げしているケースで、お客様と建築請負契約をした会社と施工業者が違うという事です。
実際に工事をする大工さん等が、坪受け価格などにより1棟●●円で工事を請負って作業します。その際に契約詳細においての責任の所在が曖昧になる。
また、価格競争などにより無理した受注物件は下請け業者に値引き要請をします。
当然、手抜きをされるなど住宅の品質が大きく変わる可能性が出てきます。

だから、私どもは全て自社社員で工事をまかないます。常にお客様の顔を思い浮かべながらノコギリ、金づち等を叩きます。
大切なことはお客様と私たち担当者を始め職人等工事にたづさわるもの全員が顔を知り、心こめた仕事をしなければいけないと考えます。

施工中の現場を見てください!

家づくりの中で、お客さんにとって現場は最も重要なポイントだからです。
現場には、業者さん、材料、現場管理など、業者の考え、思想が鏡のように現れます。家づくりは大変に難しく、色々と勉強なさっても、なかなか理解できない部分が多くあると思います。
ですからこそ、現場を実際に見ていただくことは、お客様の家づくりにプラスになること、間違いありません。
現場を見ていただくことは、我が社にとっては勇気が必要なことです。住宅会社の姿勢は現場に現れるとの思想の基、現場を最重要視し、日常の管理には最善を尽くしています。 是非、ご覧になってください。

資金計画が大切です!

住宅はお店とは違ってお金を生み出すものではありませんから、基本的には必要以上にお金をかけるべきではないと思います。
そういった意味ではバランスが大切です。
要は必要な所に必要な分の予算を掛けると言う事です。
無理した返済計画はお客様の生活に負担がかかり、幸せな暮らしをするが為の器が不幸の器にもなりかねません!
私は住宅を作るのが仕事ですが、同時にお客様の幸せな姿を、手がけた住宅と共に見守り続けたいのです。
だから資金計画は慎重に、そして我社のオリジナルソフトを使い一番条件のよい住宅ローン、また建築時期のタイミング等を提案させて頂きます。

ヒアリングに時間をください!

家づくりの最も重要な部分が間取りです。
住まいづくりに失敗したという人のほとんどは、この間取りで後悔されているんです。
技術的に申しますと、間取りは6つの設計基本項目で構成されています。でも単純にこれらが満足されていれば良いと言う事ではないんです。
担当者がプロの立場で色々な提案をしてくれて、多くの選択範囲から選べると言う事が重要です。
お客様は、一般的にそれまでのご経験ですとか、住宅雑誌などの情報でご要望を出されます。そして駄目な担当者は、それをそのまま図面化するのがほとんどです。
これが間違いの始まりなのです。
私たちはお客様の土地をあらゆる角度から入念に調査をします。そして環境にマッチした暮らしやすいプランを考えます。
その為にはお客様のこだわり、要望、生活スタイルなどをじっくりと時間を頂く必要があるのです。

アフターサービスとメンテナンス!

水野建築は岐阜県にて50年建築業を営ましていただいております。
住宅は建築時期より、お引き渡しから、その後のお付き合いが長いのです。今まで約500件のお客様の大切な住宅を手掛けさせていただいていており、その後の行方も見守り続けていく事が私たちの使命だと認識しております。
住宅も人の体と同じで健康状態ばかりではなく、点検・メンテナンスを繰り返し長く住んでいただくものです。
アフターサービスは引き渡し後1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年そして2年目より2回の点検を実施しております。
このアフターサービスとメンテナンスにより住宅の寿命が決まります。
私たちの住宅は長く住んでいただきます。

安心の保証体制!

水野建築は50年お客様に支えられ建築業を営ましていただいておりますが、いつ業績不振におちいるかわかりません。
その時に一番迷惑をかけるのは私たちを信じて住宅をあずけていただいた”お客様”です。
万が一倒産しても迷惑をかけないよう、水野建築は第三者公共機関に保証制度を委託しております。
もしも水野建築が倒産しても、第三者機関が保険でその補修費用をまかなってくれるので、お客様には安心していただいております。
この保証制度の良いところは欠陥住宅を防ぐことにも有効であり、自社の検査だけでは気づかない箇所もチェックできるという利点もあるのです。

瑕疵保証とは?
住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)では、新築後10年の間に瑕疵(かし)が発生した場合に住宅の供給者が修理を行うことが義務付けられています。
これが、基本構造部分10年間瑕疵担保責任です。
住まいの欠陥は建ててからわかるケースがほとんどですが、当社では工程に合わせてJIO or 住宅あんしん保証による検査と自主検査を含め、未然に欠陥住宅を防ぎます。

完成保証とは?
住宅の建設中、万が一の倒産などで工事が中断してしまったら大変です。水野建築は前払い金の損失や追加で必要な工事費用を保証する制度として株式会社住宅あんしん保証に加入しています。

このページの先頭へ