eye-default

リフォームをご検討の皆様へ

水野建築はリフォーム瑕疵保険の登録業者です!

近年、建替えではなくリフォームを選択する人が増えてきました。
しかし心配なのが、しばしばニュースで取り上げられる悪質リフォーム。確かな業者選び、しっかりした施工で、リフォーム後も安心したい・・・
そんな皆様にお応えするのが、

リフォーム工事瑕疵保険

この保険はリフォーム工事を実施した工事箇所に万が一後日、欠陥が見つかった場合に、その欠陥を補修するためにかかった費用をお支払いする保険です。

※瑕疵(かし)とは 【①きず。欠点。②法的になんらかの欠陥・欠点のあること】

リフォームについて

システムキッチンの買い替えがリフォームではありません。キッチンを取り巻く周辺の部分を、それぞれの問題点や事情に即してトータルに改善する事が、理想的なリフォームだと私は思います。高価なキッチンを選んでも、それ自体で楽しめる期間は意外に短いものです。

私たちリフォームを提供する立場からは、完成したときの喜びより、リフォーム後の暮らしで、それ以上の喜びを感じてもらう事が成功だと考えています。

もう少し詳しくいえば、目に見える形や大きさや色が変わったり、新しくなったという事実だけでは半分の完成だと思います。物を交換して新しくする事がリフォームではありません。商品が主役ではなく、そこに暮らす家族が主人公にならなければ理想のリフォームとはいえないと思うのです。

リフォームされたお客様の声はリフォーム評価ナビに

一般財団法人が運営する公正・中立なリフォームのポータルサイト「リフォーム評価ナビ」にて、水野建築でリフォームされた「お客様の声」がたくさん掲載されています。リフォームの参考に是非ご覧になってみてください。

問題の整理がリフォームの成功の近道~5つの整理~

以上を、家族の顔や毎日の暮らしを思い浮かべながら整理して下さい。
自分の暮らしの問題点やこんな暮らしがしたいということが、きっとまとまるはずです。

リフォームが変えるのは「物」ではなく「事」

たとえば、あなたがキッチンのリフォームについて相談にいったとします。
そのとき、あなたの相談に乗ってくれるリフォーム会社の人はおそらく以下の2種類に分かれるでしょう。

まずは第1のパターン。
「キッチン交換ですね。お困りごとはどんなことですか?それならこのキッチンはいかがでしょうか?人気の一番新しいタイプで、こんな新技術が採用されているんです。絶対にお勧めです。

続いて第2のパターン。
「キッチン交換ですね。お困り事はどんなことですか?それならこのプランはいかがでしょう。奥様の心配される問題を解消し、お子様たちと一緒にお料理を楽しめるキッチンになりますよ。

かなり大雑把にお話しましたが、私のいわんとする事はおわかりいただけたと思います。
「物」というのは、リフォームの場合、システムキッチン、システムバス等の商品を指します。しかし、商品だけではプランは成り立ちません。なぜなら、このお客様の本当の目的は、システムキチン=「物」を新しくすることではなく、お子さんたちと楽しく料理する「事」を実現したいからです。
「物」で答えを出すのではなく、「事」を実現できる答えであるかどうかをきちんと見極める必要があります。

本当にくつろげる家がリフォームで作れます

くつろぎとはどんな状態のことをいうのでしょうか?

くつろぎのイメージは十人十色といった感じですが、くつろぎに必要なものは共通しているように思えます。
まずそこに好きな人、好きなものがあること。
そして、時間を気にせずじっくり楽しめる空間があること。
この二つは不可欠ではないかと思います。

ここからはリフォームのプロとしてのお話になります。
そう、くつろぎもリフォームで生み出す事ができるのです。もちろん、ここでも「広くする」とか「きれいにする」とか「高級にする」といった「物」ではなく、「事」を変えるということを前提にすることは同じです。

リフォームの成功は着工前に8割が決まります

私がまだ駆け出しのころ、現場の職人さんが、よく「段取り八分」といっていました。
事前の下見や材料、道具の用意がきちんとできれば、その現場は、もう8割は仕上がったも同然ということです。

その言葉の通りで、お客様に迷惑をかけてしまう原因は、工事が始まる前の現場調査や打合せの段階で生まれていることがほとんどです。
さらにその原因の多くは、お客様とリフォーム会社担当者とのコミュニケーションにあります。

すべての仕事にいえることだと思いますが、良好なコミュニケーションを行うには、やはり相手を理解しよう、理解したいと思うことより相手のいっていることを確かめようとする習慣をつけることではないかと思います。
こんなことを回避するために私たちは、お話した内容を複写式カーボンでできた「お打合せシート」と呼ばれるA4サイズの方眼紙にメモし、最後にお客様にお渡しして、その日の打合せを複唱します。

私たちプロの立場では、メモをとることは当然です。もし、あなたのパートナーとなった業者があまりメモをとらない人であったなら、あなたがメモをとることです。それがおおきなトラブルを招かないための自衛策となるでしょう。

水野建築はリフォームを通じて、快適で幸せな暮らしを応援します。

リフォームを検討中のあなた様へプレゼント

リフォームガイドブックを無料プレゼントしております。
リフォームのポイントやおすすめ商品、リフォームプラン例が掲載されています。
下記の「資料請求はコチラ」から、お申込み下さい。

このページの先頭へ