eye-default

土岐の一級建築士“水野”と50年の実績“水野建築”の家づくり

水野建築のホームページへようこそ。
水野建築の代表を務めさせていただいております、
「一級建築士 水野孝治」でございます。
ここでは私“水野”と“水野建築”が目指す家づくりについてお伝えしようと思っております。

「幸せな未来のため」「理想の暮らしの実現」が、皆様の家づくりの目的のはず

まず、皆さんはどうして家づくりを思い立ったのでしょうか?
「家賃代がもったいない」「こどもが成長し手狭になった」「親との同居を考えた」。
このような現状の改善を目指す理由があるでしょうし、はたまた「自分の趣味が楽しめる部屋が欲しい」「ガレージのある家に住みたい」「雑貨が飾れるカフェのような家で暮らしたい」。このような夢の実現のための理由もあるでしょう。
家づくりには大きく分けてこの現状改善型と目的実現型2つの立場からスタートするようです。

面白いのは前者のような現状改善を考える方は、様々な想いが混ざり合って、「どんな家が自分たちにピッタリなのか」が明確でない場合が多いものです。
逆に後者のような目的を持つ方はデザインやインテリアなどイメージが明確です。
いずれにしても「幸せな未来のため」「理想の暮らしのため」という想いは共通ですね。

「しまったなあー」と後悔するような家にしないために

私、水野と水野建築が進める家づくりはこの共通する想いを実現する会社です。現状改善型の方には実生活での様々なシチュエーションを想定し、潜在的な理想像を明らかにしていきましょう。

目的実現型の方には目的実現を最優先に、そこから生まれるデメリットを天秤に掛けながら、快適性や居心地を損なわない方法を探り計画練ってまいりましょう。

私たちは、お客様のご意向だったとしても、何でも注文通りにやってしまうことはいたしません。たとえばデザイン中心で考えると屋根の形状や庇の有り無し、窓の位置やサイズなどにこだわるために、結果的に暮らしにくくなったり、家の寿命を縮めたりすることは往々にしてあることです。

どんなものにもメリットとデメリットはございます。あとあと「しまったなあー」と後悔するような家にしないために、50年の実績を持つ会社としてのアドバイスを添え、納得していただきながら進めてまいります。

基準にするのは、自分にとって、家族にとっての心地よさや居心地です

目指すのは、何年後も何十年後も「ああ、この家で暮らせて本当によかった」としみじみ思ってもらえる家づくりです。

人生は調子のいい時ばかりではありません。使い古された言葉ですが「山あり谷あり…」。本当にそう思います。少し観念的な表現になってしまいますが、いい家の真価は、裏切らず、人生の中のきつい場面で慰めてくれたり、癒してくれたりしてくれる、包容力を持っていることではないでしょうか。

そこに必要なのはストレスを感じさせない快適性と機能性だと思います。もちろん楽しい時を一緒に謳歌できる懐の深さも重要です。だから家には保護者であり相棒として信頼感や安定感といった要素が必要なのだと思います。流行や、単なるデザインだけに頼らず、自分にとって、家族にとっての心地よさや居心地は何かを見極め、それを基準に家づくりを考えていきましょう。

家を建てるということは、人生の舞台をつくるということです。人生を謳歌するために家が果たす役割はとても大きいと思います。
そして、好きなテイストの家は居心地というポテンシャルを高めるだけでなく、人生を楽しませ前向きにしてくれるものです。

あなたや家族にとって、本当の意味で「幸せにしてくれる家」を一緒に探り、計画し、実現してまいりましょう。「ああ、この家で暮らせて本当によかった」と思える家づくりを、私水野と水野建築はエスコートしてまいります。

このページの先頭へ