ブログ

土岐市土岐津町中山A様邸 注文住宅

 

ファイル 217-1.jpgファイル 217-2.jpgファイル 217-3.jpgファイル 217-4.jpg

土岐市土岐津町中山A様邸では「犬走り」工事を先週行いました。

 

犬走りとは建物の周囲を60cm位の幅で取りまくように砂利やコンクリートが打たれた部分をいいます。
雨水によって基礎部分が濡れたり、汚れが建物に跳ね返るのを防いでくれます。

 

防犯上や費用を考え、一部をコンクリートで、その他は砂利敷き
にされる方もいらっしゃいますが、

 

A様邸ではコンクリートの犬走りを採用しました

 

ベースを砕石で転圧したあと、基礎部分にアンカーを施工し1m間隔で鉄筋を差込み、建物の基礎と犬走りの境目のヒビ割れ防止対策をしています。

 

アンカーを入れずメッシュのみでコンクリートを流す場合がありますが、その場合必ずといって良い程境目にヒビ割れが生じます。(コンクリートは圧縮に強く、鉄筋は引っ張りに強い)

 

鉄筋とメッシュを入れても完璧にヒビ割れを防止できるわけでは
ありませんが、多少の防止策にはなると思います。

 

岐阜県土岐市注文住宅の水野建築でした。

ページトップへ戻る