ブログ

住宅版エコポイント及び住宅瑕疵担保履行法に係る講習会

ファイル 218-1.jpgファイル 218-2.jpgファイル 218-3.jpgファイル 218-4.jpg

昨日、[住宅版エコポイント及び住宅瑕疵担保履行法に係る講習会」の講習会に鶴舞にある[つるまいプラザ](勤労会館)に行ってきました。

 

主催は国土交通省なのです。今回は10月1日から全面施行されている住宅瑕疵担保履行法の基準日の届出手続の説明もありましたので、かなりたくたくさんの資料をもらう事が出来ました。

 

申し込みが多すぎて、午後4時から2回目の講習会の設営をされたそうです。

 

大ホールのすべての席が埋め尽くされて、住宅建築に関わる人たちの関心の度合いが感じ取れました。込むことを予想して1時間前に会場に入りましたが、もう50名くらいの人が着席されていました。

 

昨日現在の情報では、私がつかんでいる情報と大差はなかったです。1月18日から始まる国会で平成21年度2時補正予算が国会で成立することを条件としています。予算が通って具体策が出てくるようです。

 

新築では、省エネ基準を満たす木造住宅には30万ポイント。
ただ、第3者による証明が必要となります。

 

エコリフォームの例として、窓の断熱改修の場合、1つの窓が1万ポイントみたいです。1つの家で15か所の窓を改修すれば15万ポントになります。(決定ではありません!!)

 

申請方法や必要書類、商品の流れについても理解することが出来ました。

当たり前のことですが、情報を収集するアンテナを建てて、自社なりに加工して、早くお客様に発信出来る会社が生き残っていくのだと思いました。

 

岐阜県土岐市注文住宅の水野建築でした。

ページトップへ戻る