ブログ

テレワークで省エネ&柔軟に働きましょう

コロナウィルスの影響と社会の変化に伴って、時間や場所にとらわれない多彩な働き方=テレワークに注目が集まるようになってきました。
水野建築でも、事務方はテレワークをしています。

 

テレワークとは、情報通信技術(ICT)を活用することで実現した、在宅勤務に代表される柔軟な働き方のこと。「tele=離れた」と「work=働く」を合わせた造語です。

 

テレワークの発祥は、1970年代のアメリカです。
もともとは通勤ラッシュ時の交通量増加や、大気汚染問題を解決するために提言されたようです。

 

 

 

企業が多く集まる地域では、電力使用量がピーク時間帯に集中しますが、テレワークの導入によって電力消費の集中を軽減することができます。

また、オフィスに勤務する人員の減少により、照明や空量の使用時間も削減できます。
オフィスで電力消費量の削減と、テレワークによる家庭の電力消費量の増加を相殺すると、一人当たりの電力消費量は14%削減可能という試算も出ています。

 

テレワークは環境負荷の軽減や地域経済の活性化、優秀な労働力の確保など、超高齢化の日本社会が抱える課題に対応する施策として、今後ますます推進されていきそうです。

 

話は少しそれますが、今回のコロナウィルスについて、ネットの記事で下記の様な考え方がありました。
「今までは、地球レベルで二酸化炭素を減らすって出来なかったんだけど、一気に減りました。それも世界同時にです。 この件で地球上の異常気象が減るのではという推測もあります。こう考えて見ると、地球の浄化作用かもしれないです。

 

現状は世界規模で大変だけど、このことからは良いことしか生まれないって、そういう目で見ていけばいいのでは!」
こういうプラス思考の考えが必要ですね。
暗いニュースが多いですが、今週も頑張りましょう!

 

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。
岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。
水野建築は、ZEHビルダー★★★★★(五つ星)です
「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る