ブログ

「住まいStudio」 パート2

前回のブログの続きです。

 まずはサッシの枠材の説明コーナーです。

アイスクリームに刺さったスプーンで熱の伝わり方を体感できます。

アルミ、アルミ樹脂、樹脂の3つのスプーンを

持てば熱の伝わりは理解できます。

 

アルミは確実に冷たいと感じますが、

アルミと樹脂の複合は冷たいとは感じませんでした。

ただ、アルミと樹脂の温度の差がかなり大きかったです。

 

 

アルミサッシ、アルミ樹脂複合サッシ、

樹脂サッシをガラス表面温度と枠の温度を表示したり、

サーモカメラで表面温度を分かりやすく表示されていました

 

建物の断面模型も展示されていました。

右から「昔の家」「今の家」「これからの家」です。

構造や断熱材など進化の過程がよくわかります。

 

弊社も標準にしている熱交換の換気システムも

わかりやすく展示されています。

 

室温23.1℃⇔外気3.3℃、熱交換器を通して

入ってくる給気温度は20.4℃になります。

熱交換をすることで室内外の温度差が

小さくなっているのがわかります。

 

夏バージョンです

ここでは真夏のリビングの日差しと

室温を体感できます。

強い日差し、西日の照り込みを体感し、

日射遮蔽の大切さが理解できます。

 

太陽の動きを再現して時間ごとによって

温度がどのように変化をするのかを体感できます。

夏は日射熱が家の中に入らないように、

冬は日射を積極的に取り入れることで

快適な暮らしができることが理解できます

また夏の強い西日はシェードで遮るのが有効です

 

「まいStudio」でとてもいい体験をさせてもらいました。

量産メーカーの一部の会社や、大手の工務店が、

このスタジオを利用しています。

 

実際に体感することによって住まいの断熱性能が

いかに大切なのかを感じれます。

建築会社と契約する前にここで体感して見てください

きっと参考になります。

 

2か月先まで予約が埋まっているそうなので、

早めに相談してくださいね

 

お陰様で創立53周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

 
■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る