ブログ

二酸化炭素濃度計を買いました

先週、二酸化炭素濃度計を買いました。

ネットで、「暑い、寒いといった不快な温度についで、

集中力に影響を与える要素として、二酸化炭素濃度があります。」

という記事を見て、興味を持ったので早速購入しました。

詳しくはコチラをご覧ください
 二酸化炭素濃度計は、CO2濃度を数字として表示をします。

 

二酸化炭素(炭酸ガス、CO2)は地球温暖化の要因とされる化合物です。

外気の空気中には400ppm前後の濃度のCO2が存在します。

部屋の二酸化炭素濃度が高くなればなるほど、人の集中力が落ち、眠気に襲われます。

そのひとつの基準となるのが1000ppmです。

2000ppmを超えると頭痛に襲われることもあるそうです。

 

先週の土曜日に、カレンダー配りが早く終わったので、1124日(土)、午後2時頃から事務所内で大人4人で書類の整理をしていました。

事務所の大きさは、16帖くらいの大きさですので、一般家庭でのLDKと同じくらいの大きさです。

 

■午後240

 

■午後320

じわじわと二酸化炭素濃度が上がってきています。

 

■午後347

2000ppmを超えました

大人が4人いれば換気設備が必要です。

このあと窓を開けても濃度は、簡単には下がりません。

 

■別の日の朝 1120日 午前652

人がいないと、平均的な濃度です

 

 1120日 午後12時頃 事務所内部に3人在中

3人でも換気設備が必要です。

 

事務所には熱交換の同時給排の換気扇が設置ありますので、

2人以上事務所にいるときは使用しています。

 

二酸化炭素濃度のレベルは下記です

350 – 450 ppm 外気レベル

450 – 700 ppm 許容できるレベル

700 – 1000 ppm 注意が必要なレベル

1000 – 2500 ppm 眠気を誘うレベル

2500 – 5000 ppm 健康に害を及ぼす可能性のあるレベル

5000 ppm 以上 危険レベル

 

 

部屋の中も24時間計画換気や局所換気ができていれば、同じ程度の濃度に抑えられています。

しかし、人がたくさん集まって作業や会議などを始めると、1時間もすれば濃度が上がりはじめます。

そして1000ppmを超えたあたりで人は眠気を感じ始めます。

 

二酸化炭素濃度が一定の値を超えたら、外気を取りこんだり、適切な温湿度になるよう、換気と空調をコントロールします。

目に見えないのでその変化に人は気づかないものです。

 

開放型暖房器(ファンヒーターやストーブ)を使っていればとても危険です。

常に二酸化炭素濃度を意識してほしいです。

また、24時間計画換気の給気口や換気口が埃などで塞がっていると、室内の二酸化炭素濃度が上昇するので、チェックが必要です。

 

これからの時期に窓を締め切って体がだるいとか、眠たいとか、うつっぽいという方は

二酸化炭素濃度をチェックしてください。

 

お陰様で創立53周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る