ブログ

新宿にあるリクシルさんの「住まいStudio」に出かけました

11月14日(水)に私と平林君、郷君と東京にある

リクシルさんの「住まいスタジオ」に出かけました。

設営してくれたのは、リクシルさんの代理店である「セレックス」さんです。

 

 

 

目的は、壁や窓の断熱性の違いを実感できる部屋を体感することです。

このスタジオは2か月先まで予約が埋まっている人気のあるショールームです。

また、予約がないと入館することが出来ません。

今日のブログは冬の体感について書きます。

 

■冬の体感

シュールム内に巨大な冷蔵庫内があり、

その中に3つのタイプの部屋を作ってます。

 

①昔の家:昭和55年の家

②今の家:平成28年基準の家

③これからの家:HEAT20G2仕様の家

 

どの家もエアコンは20度に設定されていて、

外気は0度という温度設定がしてあります。

 

サーもカメラの画像の色は青いです。

(寒いということです)

①昔の家:昭和55年の家

入った瞬間に冷たさを感じます。

床や窓際が冷たくて、床はスリッパをはいてないと

生活できません。

日本の住宅の75%はこの住宅です

 

②今の家:平成28年基準

昔の家:昭和55年の家よりは少し暖かいですが、

寒さが残っています。

体感してもらえると理解できますが、平成28年基準って

そんなに高い性能ではありませんので、

暖かいと感じないと思います。

 

サーモカメラの画像を見ると、人は橙色から赤色になっていますので

温かいと感じてると思いますが、

床や窓は相変わらず青いままです。

 

③これからの家:HEAT20G2仕様の家

入った瞬間に暖かさを感じます。

窓際に行っても冷気を感じませんし、床も暖かいです

これを体感してもらえれば床暖房は必要ではない

と感じてもらえると思います

(写真では感じることが出来ません)

人も床も窓も温かい色になってる。

 

サーモカメラの画像を3つ並べて比較すると

一目瞭然で性能の違いが理解できます

 

体感温度的は

① 普通の家は21.8℃

② 今の家は21.8℃、

③ これからの家23.8℃

 

部屋中央「下」の温度を見ると、

① 普通の家は14.9℃

② 今の家は18.0℃、

③ これからの家21.5℃

(この温度差を体感してほしいです)

 

また、3つの家の年間の暖房費を見ると

①昔の家:28,000円/年

②今の家:13,000円/年

④これからの家:7,000円/年

 

断熱性能は、平成28年度基準を満たしていればいいのでは?

は間違っていると体感できます。

 

ちなみに、弊社が建てている性能は、

「これからの家」と同じ性能の家を建てています。

 

次回のブログでは夏バージョンを書きます。

 

お陰様で創立53周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る