ブログ

震度6弱の発生率は何%?

9月は「防災月間」ですので、地震について少し書きます。

 

2年前の熊本地震が発生した後に

熊本県益城町に経っていた木造住宅の被災状況を調べた結果、

取り壊し又は建替えられ半分以上は残存していませんでした。

 

被害が「小破」だった住宅の54%が残存しておらず、

いかにして「無被害」か「軽微」にとどめるかが重要です。

(出典:日経ホームビルダーweb版)

 

と書かれた上記の記事を見ました。

まとめると、熊本地震後の住宅調査で5割が残存していません。

 

熊本地震の本震が起きた布田川断層帯での地震発生率は、

「ほぼ0%から0.9%」とされていました。

でも地震が起こってしまったのです、

発生率が低くても耐震化はどの地域でも必要ですよね。

 

私が住んでいる岐阜県土岐市土岐津町土岐口の

震度5強の発生率は63.8%です。

%e5%9c%9f%e5%b2%90%e5%b8%8263-8%ef%bc%85

ネットで「地震ハザードステーション」で住所を入力すれば、

で調べることができます。

%ef%be%8a%ef%bd%bb%ef%be%9e%ef%bd%b0%ef%be%84%ef%be%9e%ef%bd%bd%ef%be%83%ef%bd%b0%ef%bd%bc%ef%bd%ae%ef%be%9d

 

熊本地震以降は、弊社では新築・建替え・リノベーションでは

耐震等級3を標準仕様としています。

 

地震被害から、大切なお客様の住宅とご家族命をお守りする意味でも、

これからもこだわっていきたいです。

 

お陰様で創立53周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

完成見学会のお知らせです。

9月22日(土)・23日(日)に

土岐市肥田町で完成現場見学会を開催します。

 
 
詳しくはコチラをご覧ください
 
 

完全予約制の構造見学会になりますので、ご希望の方は電話・

メール・FAXで予約をお願いします。

開催場所の詳しい内容は予約後にお伝えします。

 
 
■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る