イベント情報

9月22日(土)・23日(日)は、完成見学会です

9月22日(土)・23日(日)は、

水野建築が建てる住まいの完成見学会です!

 

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b79-22

 

高気密・高断熱のZEH仕様、長期優良住宅。

場所は岐阜県土岐市。

お気軽にお越しください(予約制)。

 

今年の夏の暑さは異常でした。

「命にかかわる暑さ」という表現も使われるほどでしたが、

もし毎年このような暑さが続くとなると恐ろしくなりますね。

 

そして思います。

家の断熱性能がますます重要になってきたということを。

正直、私たちもこのような夏の気候までは想像もしていませんでしたが、

今更ながらよかったなと思うのは、水野建築が高気密・高断熱の

家づくりにこだわってきたことです。

 

高気密・高断熱の家は、夏の暑さも室内に伝えません!

 

高気密・高断熱の家は冬の寒さに強いと同時に、

夏の暑さにも断然強さを発揮します。

 

外気温の影響を受けない室内環境を生み出す構造ですから、

一旦室内を冷房で冷やしてしまえば、外が40℃近くに

なったとしても室内は涼しさが持続します。

 

しかし、どれだけ言葉で説明しても、実感がわかないことでしょう。

それに、どこの会社も同じことを言っている、と思う方もおいでかもしれません。

 

そこで提案です。

 

我が社が建てる家の気密・断熱性能の高さを体感してみませんか?

幸い、お施主様のご厚意により、9月22日(土)・23日(日)に

完成見学会を開催する運びとなりました。

 

まだ残暑きびしい折かと思いますが、家の性能を確認するのにはぴったりです。

もちろん無粋な売込みなどはいたしませんのでこの機会にぜひともお越しください。

 

ここで弊社が断熱性能にこだわる理由をもう少し解説いたします。

夏、エアコンを切った途端に汗ばんでくる家があります。

冬、暖房を止めた数分で寒いと感じる家があります。何故でしょう。

 

また、夏でも夜は比較的涼しくなるものです。

窓を開ければ外気温と同じように涼しくなるはずですが、

家の中がいつまでも暑く感じるのは何故でしょう。

 

その大きな原因は「輻射熱」です。

「輻射熱」は熱源となる物質から遠赤外線のような

電磁波の形で伝わる熱のことをいいますが、

その量の大小により暑さや寒さを感じさせます。

 

外気によって建物の壁や屋根が熱せられたり冷やされたりすれば、

断熱性能の低い家ではその熱が内壁や天井に伝わり蓄熱されてしまいます。

そこから輻射熱として室内で過ごす人が影響を受けてしまうのです。

 

ちょっと極端な例えとなりますが、

夏なら真っ赤に熱したブロックでできた家、

冬なら氷のブロックでできた家をイメージしてみてください。

 

その中をエアコンで冷やしたり暖めたりしたとします。

エアコンの下は快適ですが、ひとたびスイッチを切れば、

すぐに暑くなったり寒くなったりしてしまうことは容易に想像できることでしょう。

 

この理由は、輻射熱が空気の影響を受けることなく伝わる性質があるからです。

先ほど電磁波の一種と説明したように、直接人体に伝わってしまいます。

 

ですからどんなに室内の空気の温度を操作したとしても、

壁や天井の温度が設定した室温と同水準にならない限り

暑く、また、寒く感じてしまいます。

 

このことからも、外気の温度を建物内部に伝えない、

高断熱の家にすることがいかに重要なのかが

わかってもらえるのではないでしょうか。

 

見学会の現地では、コストを抑えて気密・断熱性を高める、

弊社ならではの取り組み方の解説はもちろん、

実際の建物の壁面温度を測定するなどして

 

より詳しく解説いたしますのでご期待ください。

 

自然素材で仕上げた居心地のよさもぜひ体感ください!

 

次に建物について解説いたします。

今回ご見学いただく建物では、日本ではまだそれほど馴染みがない外壁材

「ゼオンサイディング」を採用しておりますので参考にしていただけると思います。

 

この外壁材は、ラップサイディング調のデザインと、

メンテナンスフリーを目指した優れた耐久性を持つことから、

アメリカ、カナダでは高いシェア率を誇っています。

 

カラーバリエーションも豊富で、今回のお宅では目にも鮮やかな

「レッドウッド」を採用していますのでぜひチェックしてみてください。

 

室内ではリビングの天井の梁をあらわしにすることで

天井を高くして、空間を大きく見せています。

 

収納率も高めていて、標準的な一戸建て住宅の場合、

延床面積の10%程度といわれていますが、

この家では約17%を収納に使うほど徹底させました。

 

また、床にパインの無垢材、壁は珪藻土という自然素材を

内装材として採用することで優しい雰囲気に仕上げております。

 

自然素材は、素材そのものに断熱性能が備わるだけでなく、

湿気を調性してくれることから、蒸し暑い日本の夏の気候にも合い、

室内の空気が爽やかで涼しくしてくれます。

 

逆に冬は温もりを含んで暖かな室内環境へと整えてくれます。

心いやされるナチュラルな内装と、

爽やかでまろやかな空気感もぜひ味わってみてください。

 

紹介するお住まいの性能は水野建築の標準性能です!

 

今回ご見学いただくお宅も水野建築が誇る「長期優良住宅」で、

耐震性能でも最高ランク「耐震等級3」の家です。

 

また、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)品質であり、

建築物省エネルギー性能表示制度でも省エネ性に優れた家として、

星5つを獲得した最高ランク

「BELS☆☆☆☆☆」に認定されています。

 

改めてのご案内となりますが、

家具なども入っていますので部屋のイメージもつかめます。

 

そして水野建築が手掛けた住まいならではの性能と

仕上がりが確認できますのでどうぞお気軽にお越しください。

 

日時は9月22日(土)・23日(日)。AM10:00~PM3:00

 

お施主様のご厚意による見学会ということもあり、

完全予約制とさせていただきますので、

ご希望の方は、電話・メール・FAXにてご予約くださいませ。

開催場所の詳しい内容はご予約後にお伝えいたします。

 

お問い合わせ、ご予約ともお気軽にどうぞ。お待ちいたしております。

ページトップへ戻る