ブログ

遮熱ガラスと断熱ガラスを使い分けていますか?

窓の性能を上げる方法の1つに、特殊な加工を施したガラスを組み合わせるというものが一般的になっています。

Low-E複層ガラスがそれにあたります。

 

Low-E複層ガラスとは、複層ガラスの内側または外側にLow-E金属膜をコーティングしたものです。

Low-E(ローイー)は、Low Emissivity(ローエミシビティ)の略で、低放射という意味です。

つまり、Low-E金属膜は窓から出入りする放射熱の移動を抑える働きをします。

 

Low-E複層ガラスには、金属膜を室外側ガラスの内側に貼った日射熱を遮る遮熱タイプと、室外側ガラスの外側に貼られた室内から逃げる熱を減らす断熱タイプがあります。

それぞれ正反対の特徴を持つため、目的によって使い分けます。

 

たとえば、日射熱を取り入れたい場合、冬場に遮熱タイプだと熱を反射してしまいます。

反対に、夏場は窓から入る日射熱を反射してくれるため、冷暖房率はよくなります。

また、高断熱住宅では日射熱を取り入れ過ぎて、冬場もオーバーヒートを起こすこともあります。

窓ガラスの種類は家の断熱性能や方位などを考慮して慎重に選びましょう。

 

断熱タイプは、特殊金属が室内の熱を逃しません。遮熱タイプよりは夏の日射熱の取得は高めだが、冬はたっぷり暖かい日射熱を取り入れることができます。

夏場のことを考えて、日除けをそとで行います。(外付のアウターシェード、ヨシズ、スダレ等)

水野建築では南面のサッシには断熱タイプを使用します。

 

写真はYKKさんから

 

遮熱タイプは、特殊金属膜が夏の熱い日射を遮ります。一方で、冬の暖かい日射も遮ってしまうので注意が必要です。断熱タイプと同じく、室内の熱は逃しません。

水野建築では、東面、西面、北面は遮熱タイプのガラスを使用します。

 

 

写真はYKKさんから

 

豆知識として、超高断熱住宅の場合は、冬場に窓から入った熱が室内にこもることによって室内全体の温度が上昇し、暖かいを通り過ぎて暑いと感じるオーバーヒートという現象が起こる可能性があります。地域の日射量と窓の大きさ、家の断熱性能によって窓ガラスの種類を選んでください。また、ブラインドなど自分たちで日射の調整できるものをセットで考えましょうね。

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る