ブログ

失敗しない家づくりの手順とは?

お客様と商談していた時の話です。

P1410356

お客様:「二世帯住宅を建てたいです。建築総予算は4,000万円です。

(土地取得込の金額)建物の大きさは50坪は欲しいです。」

私:「土地の希望場所はありますか? また、建物の要望を簡単に聞かせて下さい」

 

お客様「土地は駅から歩いて15分以内です。Q値は2,7を切りたいです」

私「高気密・高断熱住宅を希望ですか?なぜ、Q値2,7を切りたいのですか」

 

お客様「私寒いのが苦手なんです。暖かい家に住みたいのです」

私「Q値も大事ですが、夏期日射取得係数 μ(ミュー)値も大事です。

建物の隙間面積であるC値や換気も大事ですよ。」

 

それから高気密・高断熱の良さを分かりやすくお客様に伝え、

お客様も私が話した内容を知らなかったことが沢山あったので、

帰りにはとても喜んでお帰りになられました。

 

その後の打合せで下記のような概算資金計画となりました

 

本体価格      2,500万円

付帯工事費       300万円

諸 費 用       140万円

小   計      2940万円

 

土地は諸費用込で1,060万円くらいを目安に探し、

土地が決まり次第プラン作りに入りましょうという事になりました

 

すると、数週間後

お客様「土地を決めました。諸費用込で1,400万円です」

私  「前回の資金計画より土地代金が高くなり、予算超過した340万円はどうされますか?」

お客様「家族でこの場所が気に入りましたので、何とかなりませんか?」

 

私「何とかならないことはなりませんが、お客様の夢を諦める家づくりになってしまします。

拘った高断熱住宅や、気に入った設備器具や家事動線も、

もう一度やり直しになりますよ。それでいいですか?」

 

お客様「・・・・」

 

お客様は当社の「資金計画」を理解してなかったか、他社でも商談されているかのどちらかだと思いました。

 

私は、家づくりにかかるすべての費用を、全部教えてあげるのが資金計画だと思っています。

そして、その費用を配分して、どのくらいの家が建てられるのかを知ってもらいます。

 

また、私の考える家づくりの手順は

いくらまでなら住宅資金を出せるのか。

予算配分をする(資金計画)

プラン作り・土地探し(欲しいのは「家」 土地には欲を出さない)

契約 (予算通り夢を実現させる)

 

最初にやることは、プランを作る事ではありません。お金のことを考えることです。

 

注文住宅&リフォームの水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸

https://mizuken1342.com/voice/土岐市土岐津町陶元o様邸

 

パナソニック リビング ショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です

http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/omoi/detail3.jsp?srcd=41

 

ナナメウエのイエの設計方法の詳しいことは

https://mizuken1342.com/lms/

 

事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。詳しいことは

https://mizuken1342.com/news/太陽光発電パネルの発電データ

ページトップへ戻る