ブログ

「みのかも塾」の第3回目 温熱環境

取引先である「ジツダヤ」さんで、住まいづくりの基礎知識の勉強会

「みのかも塾」の第3回目が開催されました。

3回目の講師の先生も日本住環境㈱名古屋営業所の林嘉吉さんです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

第1回は断熱材の話でした。断熱材の弱点を知って、それをカバーする施工方法をする事が大事です

第1回目はコチラ

 

第2回は気密の話でした。気密の重要性を理解して、現場では気密測定をして0.5を目指しましょう!

第2回目はコチラ
今回は住宅の性能に左右する計画換気についてです。

換気の目的は、人間の健康のためのものです。

人間が健康に暮らすためには、きれいな空気が大切です。

 

壁換気の問題点として下記を挙げられました。

建築確認申請で、一般的な住宅の換気はトイレや洗面室などの連続運転で

許可を得ていることが多いですが、スイッチを切ってしまうと、

換気が出来なくなり、カビや結露が発生します。

また、給気口・排気口の掃除を行ってない。

 

換気の手法として一番多いのは開口部(窓・ドア)を開ければ

換気する物と勘違いしていることが多いです。

換気・空気が動くのは、台風のような「風力」と「温度」と「気圧」による事が多いが、

自然条件が沿わないとまったく動かないことになります。

 

トイレの匂いが居間で感じるとか、仏壇の線香のにおいが

台所や玄関でもにおうなどは、換気量が適正でないので調整する。

 

気密性能がC値0.5㎝2/m2以下でないと自然の風力による漏気が多くなる。

(空気は気密が低くないと引っ張ることが出来ない。)

 

上記の問題点を解決してきれいな空気を吸いたいですね。

 

勉強になったことととして、

人は家にいる時に、どこの空気を吸っているのか?

それは、床の空気を吸っています。

 

人が吸う空気の70%は、足元から昇ってきたものであることが判明しました。

シックハウスの原因となる化学物質は床材やカーペットなど足元に多いから、

壁材や壁紙などの高さを替えるだけでは対策にならないそうです。

 

省エネ・快適住宅にするには、匂いや湿気等の発生地から

即排気できるのでダクト式がいいと確認できました。

(自宅はダクト式の24時間換気システムです)

 

お陰様で創立50周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ

■パナソニック リビングショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です。
詳しくはコチラ

■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ

■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る