ブログ

松尾和也先生の話を聞いてきました

先週、取引先のジツダヤさんが第2回の

「改正省エネセミナー」がありましたので、出かけました。

今回は、パッシブジャパン理事の松尾和也先生の講演です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

私が毎月読んでいる「新建ハウジング」や「日経ホームビルダー」

など建築雑誌に多数寄稿もされていて、いつかは松尾先生の話を

聞いてみたいと思っていましたので念願がかないました。

歯切れのいい講演で、省エネ住宅に懸ける情熱も伝わってきて

、わかりやすく説明していただき勉強になりました。

松尾先生が全国から声がかかる理由が分かりました。

そして、大変収穫の多いセミナーで、商売のヒントがたくさんありました。

 

勉強になったことを少し書きます。

 

前回の岩前先生も言われましたが、「良質な室内環境」というのは必須事項です。

室内温度が19度を下回ると健康リスクが表れて、理想的には21度以上が望ましい。

ちなみに、ドイツでは室温19℃以下なると基本的人権を損なうと言われています。

 

ヒートショックで年間17,000人亡くなっている話は

何かもこのブログで書きましたが、もし死ななかったとしても

その後に障害が起こって、一般的な生活が送れなくなる可能性があります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

脳の障害を自分で気づくのが難しいと言われています。

そこで、FAST(ファスト)というのを覚えました。

皆さんも覚えて下さい!!

 

F  Face(顔)   顔が左右でゆがみがないか?

顔のしわに左右差がないか?をチェック!

 

A  Arm(腕)両手を肩の位置まで上げてそれを保持できるか?

もし、片側の腕が下がるかをチェック

 

S  Speech(会話)いつもと同じように会話できるのか?

呂律が回らない状態ではないのか?をチェック

「太郎さんが花子さんにリンゴをあげた」と上手くいえない

 

T  Time(時間)以上のサインを確認してひとつでも異常があるのなら脳卒中

(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など)の可能性が高いです!

119番への通報時間(Time)を遅らせてはいけません

 

上記がFASTの略です。FASTテストのどれか1つでもできなければ、

即座に救急車を呼んで下さい。

 

今は特効薬があって4,5時間以内に投薬を受ければ何の障害もなく

帰ってくることができるそうです。

ところがそんな運のいい人は5%しかいません。

ヒートショックで亡くなる17,000人いるとすると、

後遺症のある人はこの3倍いるといわれています。

そして、この国ではなんら室内環境に法的な規制がありません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

また、職人さんなどで外での仕事でない限り、

普通の日本人は9割を屋内ですごすと言われています。

(電車・車も室内として含めます)平均寿命80才として72年を室内で過ごします。

となるとやはり、8割は室内で脳梗塞などヒートショックが起こってしまいます。

 

知らないことを知ってしまうと自分ができることをお客様に伝え、

室内環境を良くしていくことが大切ですね。

 

 

お陰様で創立50周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ

■パナソニック リビングショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です。
詳しくはコチラ

■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ

■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る