ブログ

気密がいいとこんなメリットがあります。

気密がいいとこんなメリットがあります。

 

前回のブログで「気密が悪いと寒い家の原因です」を書きました。

前回のブログはコチラ

 

 

土岐市下石町M様邸で行った気密測定ではC値=0.3でした。床面積は101.86m2

家中の隙間を集めると30.6cm2です。

分かりやすく説明すると5.5センチ×5.5センチの穴が開いているだけです。

 

 

「気密を高める」という意味は、家の隙間をできるだけ小さくして、室内の空気が外に漏れず、外の空気が家の中に無駄に多く入ってこないようにすることです。

高気密住宅のメリットを紹介します。

 

 

砂ぼこりや虫に悩みません

隙間がなくなるので、砂ぼこりやごみが外から入ってこなくなります。

風の強い日、窓の桟がザラザラするのは気密が低いため。またゴキブリや蜘蛛などの虫の侵入経路も閉ざされるので、ほとんど出てこなくなります。虫が苦手な人には朗報ですね。

窓を開けないので、蚊もほとんど入ってきません。夏の夜に蚊に悩まされて寝れない、なんてこともなくなります。

 

静かな環境

気密が高いと、家の外の音がほとんど入ってこなくなり静かな環境が保たれます。

ピアノや映画観賞用のための防音が必要ないかもしれません。

「早くしなさい!」「ケンカはやめなさい!」なんていう声が家の外に漏れている……そんなことは窓が開いていないかぎりほとんどありませんのでご安心して下さい。

 

家中が暖かい

1・2階の温度差がなく快適な温度が保たれるので、吹抜もリビング階段も自由に作ることができます。「寒いだろうから」とあきらめていた間取りにチャレンジできるのは高い気密のおかげです。ただし高断熱を行ってのことです。

 

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る