ブログ

気密が悪いと寒い家の原因のひとつです

家づくりを考えている人なら、こんな話を聞いたことはありませんか?

「リビング階段の家は暖房が効かないから寒い」

「吹抜は寒くなるからつらくないほうがいい」など。

プラン打ち合わせているときに、担当者から上記のことを言われていませんか?

まだまだ住宅業界では吹抜や大空間をつくると寒くなるということが常識になっています。

 

吹抜やリビング階段が寒いのは、断熱が足りないだけでなく、気密が十分に確保できてないことも原因なんです。

 

 

気密とは、家の隙間の大きさのことで、家の隙間が大きいと(多い)気密が低く、隙間が小さいと(少ない)と気密が高いことになります。(C値で表します)

 

気密は現地で測定しないと分かりません。

弊社では気密を確保する工事のチェックリストがありますので、大体0.5前後の数値が出るだろうと予想は出来ます。その気密工事を行って気密測定を行って数値を確認します。

 

長い間、日本の住宅会社は気密の低い家ばかりをつくってきました。

その結果、隙間風が絶えない、寒い家が立ち並んでしまったのです。

寒さの原因は明らかになっているので、気密さえしっかりと高めれば、吹抜やリビング階段をつくったとしても、寒くなることはありませんよ。

 

 

室内の温度で見ると、気密が低い家は部屋の上下に温度差ができます。

暖房で暖められた軽い空気は、吹抜けや階段を通って上昇し2階の隙間から外へ逃げていきます。

それと同時に足元の隙間からは、外の冷たい空気がスーっと入ってきてしまいます。

 

 

私の経験で、暖房方法にもよりますが、気密が非常に高い家では、1階の床と2階の天井付近の温度差は0℃~3℃程度です。

この温度の確認は「放射温度計」で確認ができます。

 

ですから、エアコン暖房だけでは足元が暖まらないというのは間違った考え方なのです。

気密を高めることによって温度ムラは解消されるんですよ。

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る