ブログ

ハニカムスクリーンをご存知ですか?

一般的な住宅には、窓にはカーテンが多いですね。

ドレープとレースの一般的な組み合わせです。

それ以外では、シェードやロールスクリーンやブラインドも採用されていると思いす。

 

先月引き渡した土岐市泉大沼町Y様邸では、窓の内側に取り付ける「ハニカムスクリーン」を採用しました。

「ハニカムスクリーン」は「ハニカムブラインド」や「ハニカムシェード」とも呼ばれています。

 

このハニカム(Honeycomb)は蜂の巣を意味し、正六角形をキレイに並べた構造をハニカムと呼びます。

ハニカムスクリーンの特徴は本体の断面に六角形の空気層があり、その空間が断熱効果を発揮します。

同時にプライバシーを保護できます。

 

夏はハニカムスクリーンの六角形の空気層が断熱効果を発揮し、室内に流入する日射熱を和らげてくれます。

同時に、日射の眩しさを和らげてくれます。

 

冬はハニカムスクリーンの空気層が断熱効果を発揮し、窓から室内に流入してくる冷気を和らげてくれます。

同時に、暖房器具で暖められた室内の熱が外へ逃げにくくなります。

ハニカムスクリーンは断熱ブラインドとして、夏も冬も断熱効果を発揮してくれます。

 

リビングでは、やさしく光を取り込む採光タイプを採用しました。

断熱層が2重になっているので、空気の層をしっかりと作ることで高い断熱性を誇ります。

リビングの窓は2m×2mの大きな一枚ガラスです。

断熱性能のいいガラスでも、冬の夜になれば冷気の入りやすい場所です。

この大きな窓で高い効果を発揮してくれます。

採光と断熱性能の両方を求めるには最適なハニカムスクリーンです。

 

 

 

これからの季節では断熱効果をとても感じられると思います。ただ、全閉すると窓ガラスに結露が発生すると思われるので、少しの隙間を開けておくようにお願いしました。

 

Y様の希望で夜は暗くしたいので、寝室では遮光率99.99%の遮光タイプを採用しました

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★☆(五つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

 

水野建築では「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページトップへ戻る