ブログ

事務所のエアコンクリーニングをしました

先週に、事務所と商談室のエアコンのクリーニングを行いました。

 

エアコンクリーング工事の流れです

1,準備工事です。

エアコンの作動チェックを行い、作業場所周辺を濡れないように養生をします。

 

2,エアコンの分解です

化粧パネル、フィルター、ルーバー等を取り外します

電装部品をビニール養生して、専用のカバーを装着します。

 

3,洗浄工事です

取り外した部品を手洗い洗浄します

エアコンを洗浄します。今回の業者さんはエアコン洗浄剤にこだわりがありました。

 

 

 

 

 

 

4,組立です

本体のアルミファンとドレンパンに防カビ抗菌コートをスプレーします。

取り外した部品を組み立てて試運転を行います

 

5,完了

作動チェック後に問題がなければ作業終了です

 

今回のエアコンクリーニングで発見したことがありました。

エアコンにゴキブリがいました。エアコンのドレンホースから侵入したようです。

エアコンのドレンホースとは、室内機のホコリやゴミ、冷房時に発生する水が室外に出るためのホースです。

 

普段、そのホースは口が開けっ放しなので、それが原因で、ゴキブリが侵入してしまいます。

対策は、排気ホースの口に『防虫キャップ』をつけたり、ネットを被せて輪ゴムやテープなどで固定しましょう。

早速、防虫キャップをサービスで取付けてもらいました。

弊社でこれからエアコンを取付けるときはエアコンのドレンホースには防虫キャップを取付けるようにします。

 

エアコン内部は温かい空気を吸い込んで冷たい空気を作ることで温度差によって結露が発生します。

たまには、『送風』モードにする事で内部が乾燥するので『送風』運転するようアドバイスをもらいました。

自分でできるメンテナンスが必要ですね

 

ダイキンさんのエアコンのお手入れページです。普段のお手入れの参考にどうぞ

https://n-faq.daikincc.com/faq/show/10783?site_domain=n-faq

 

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★☆(五つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

水野建築では「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページトップへ戻る