ブログ

ぎふ木造塾に参加してきました

公益社団法人 岐阜県建築士会が開催されている「ぎふ木造塾」に参加して来ました

6月~11月まで毎月1回土曜日の午後1時30分から16時30分まで

ふれあい福寿会館で開催されます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今年は、リフォームに焦点をあてられの講義です。

第1回は、三澤文子先生の講義です

テーマは「木造住宅病理学を踏まえた住宅リフォームのすすめ」です。

三澤先生は、地域の住まいのドクター「住宅医」を育成されています。

住宅医の詳しくはこちらをご覧ください

http://sapj.or.jp/

 

 

講義の内容は、住まいのリフォームはどのようなプロセスで進めていくのかを

ご自身の現場を踏まえての話です。先生の話の中で自社に足りないと思ったのが詳細調査です。

 

分かりやすく説明すると、

人間の病気では、手術することになれば入念な精密検査が必要です。

建物のリフォームも人間にたとえれば重要な手術です。

リフォームを行うためには、家にとっても入念な詳細調査が必要になります。

工事の規模が大きくなれば、費やす時間もかかりますが、

住まい手に負担をかけないために1日で調査を行っているそうです。

30坪くらいの家で16名程度の調査員が配置され、床下調査、小屋裏調査、地盤調査、

温熱環境調査、住環境調査、住まい手へのヒヤリング調査に分かれます。

(この話を聞いた時には、びっくりすると同時に、なるほどなと感じ、そこまでやるのが当然だと感じました)

 

その調査する項目の中で、当社には足りない部分がありましたので、

しっかり追加して次回以降の現場調査に臨むようにします。

 

リフォーム工事の流れは下記です

事前調査

詳細調査

リフォーム案の提出

リフォーム案完成

契約

リフォーム工事

引渡

メンテナンス

 

 

 

後半は、イスの配置を変えて、三澤先生を囲んでの座談会です。

三澤先生の現場での話や受講生の方々の話も参考になりました。今後も楽しみになってきました

次回は7月19日(土)です。次回も絶対に参加します!

 

注文住宅&リフォームの水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸

https://mizuken1342.com/voice/土岐市土岐津町陶元o様邸

 

パナソニック リビング ショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です

http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/omoi/detail3.jsp?srcd=41

 

ナナメウエのイエの設計方法の詳しいことは

https://mizuken1342.com/lms/

 

事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。詳しいことは

https://mizuken1342.com/news/太陽光発電パネルの発電データ

ページトップへ戻る