ブログ

構造塾で勉強してきました

木造住宅の「構造」を1から学ぶ研究会 「構造塾」が

協同組合東濃地域木材流通センター(木KeyPoint)の大ホールで行われました。

 

講師の先生は、㈱M‘S構造設計の佐藤 実先生です

この構造塾は5回シリーズで第3回目です。

今回のテーマは、「各部の構造設計」です。

 

この研修を受講している勉強熱心な人が30名以上あります。

服装で見ると、大工さんや設計事務所勤務のひと、現場監督さんなど幅広い人がいます。

 

木材・木質材料の話の中でこんなシーンがありました

問題:木に釘を打ちました。木が成長すると釘の高さはどうなるでしょうか?

P1410982

 

 

私の見解は、釘の位置も木の成長と一緒に高くなっていくと思いました。

実は間違っていました。釘の高さは変わりません。木が伸びるのは先端で、幹は太くなっていきます。

 

 

間違って覚えていた言葉で、「合板」と「ベニヤ」です。

詳しくはこの写真を見て下さい。

P1410983

 

合板の中にも「普通合板」・「コンクリート型枠用合板」・「構造用合板」があり

、種類によってJASのマークが違うんです。

 

構造塾ですが、私も知らない集成材や無垢材の特徴を教えて頂きました。

佐藤先生の話は、今までの構造に関する勉強会とは全く違う切り口で、

構造の魅力に興味を持ってもらうような話をされますので、聞いていて楽しいです。

 

また、難しい数値を使った計算の話をされませんし、具体的な計算方法の演習はありません。

私も、学生時代にこんな先生に出会っていたら、構造設計が仕事になっていたのかもしれません。

この構造塾で勉強して、当社も構造計算を強みにしていきます。

 

注文住宅&リフォームの水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸

https://mizuken1342.com/voice/土岐市土岐津町陶元o様邸

 

パナソニック リビング ショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です

http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/omoi/detail3.jsp?srcd=41

 

ナナメウエのイエの設計方法の詳しいことは

https://mizuken1342.com/lms/

 

事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。詳しいことは

https://mizuken1342.com/news/太陽光発電パネルの発電データ

ページトップへ戻る