ブログ

ぎふ次世代住宅塾 省エネリノベ編

ぎふ次世代住宅塾 省エネリノベ編の第2回目に参加して来ました

岐阜産業会館で10時30分から17時までの長時間の講習会です。

第1回目は10月9日に開催され参加して来ました。

 

最初は、岐阜県立森林文化アカデミー准教授の辻 充孝先生の話です。

テーマは「温熱性能強化と結露の知識」です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

辻先生の話し方は、心地いいテンポで耳に入ってきますので私は好きです。

断熱の必要性で話された内容は、私達工務店が資金計画と同じように、

お客様に話さなければならない話だと思っていましたので、

商談スケジュールの中にこの部分を早速追加します。

 

結露は、空気が持てる水の量と温度によって変化します。

一般的には「空気湿り線図」というグラフを使って

結露をする露点温度を読み取るのですが、

辻先生から配布された資料では、温度と絶対湿度が一覧表になっていますので、

温室湿度計を携帯すれば、この表を使って露点温度を探すことができます。

 

 

しかし、私はこんなのを使って露点温度を出しています。

詳しくはコチラ

 

 

午後からは、「既存住宅の耐震診断と補強方法」の講義です。

先生は、「ぎふ次世代住宅塾 省エネリノベ編」を岐阜県から

委託されて運営しているWOODACの代表の河本和義さんです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

河本先生も言っていましたが、建築基準法は最低の基準が

示してあるだけですから、特に構造関係では

それに合っていればいいという訳でありません。

 

最後は、4~5名でグループを作り、聞き取り調査やリフォームの要望事項、

そして予算などが示されて、既存住宅の改修工事のプランを作成します。

グループ内の人が順番に自分の考えたプランの説明をして、

ほかの人は質問や意見を言ったりして、有意義なワークショップを行いました。

 

今回、プランを作成して、断熱性能の計算をするという宿題が出ましたので、

休みの日に行います。

 

次回は11月25日です。

 

お陰様で創立50周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
■無料メールセミナー
失敗しない家づくりの秘訣はコチラ

■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ

■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ

■パナソニック リビングショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です。
詳しくはコチラ

■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る