ブログ

快適に賢く暮らすためにエコ設備の紹介です。その2

家を建てるなら、環境に配慮した省エネ住宅で、快適な暮らしがしたいですよね。

そのカギを握るのはエコ設備ですが、たくさんある中から何を選べばいいのか難しいですよね。

そこで今回は、住宅購入された方たちが採用したエコ設備を紹介します。

なお、断熱に関するサッシ断熱材および気密部材は除きます

 

5位 節水・節電トイレ

20年前のトイレは大を流すのに約13Lの水を使用していましたが、今のトイレは約4~6Lの使用です。最大約70%も少なくなり、超節水化を実現しています。

また、トイレの使用頻度を学習し使用が少ない時間帯には便座の温度を自動的に下げる機能や、使うときだけ瞬間暖房する機能で節電するタイプもあります。

 

 

6位 エコ機能搭載のレンジフード

調理物の温度によって自動的に風量が切り替わるレンジフードです。

手動で風量変更をする手間が省け、効率よく運転することで消費電力を削減できます。

また、点火・消火と連動して自動でスイッチのオンオフができる機能がついたレンジフードもあります。いずれもガンスコンロ・IHクッキングヒーターとも対応可能です。

 

 

 

7位 省エネ型食器洗い乾燥機

洗い方を自動制御して、水や電気の使用量を減らせる機能がついた食器洗い乾燥機です。

食器量や汚れの量をセンサーで検知し、室温に合わせて、乾燥時間やすすぎの回数、加熱量を抑えて運転します。

余分なすすぎや加熱、乾燥時間が抑えられるため、水や電気の使用量が減り運転時間も短縮されます。

 

 

8位 家庭用蓄電池

深夜電力や太陽発電で貯め、電気購入を抑えることができます。

割安な深夜電力や太陽光発電でつくった電気を蓄えられる装置です。電気代の削減とともに、もしもの災害時にも安心できます。容量3.2kWhの小型タイプでテレビ、パソコンなど約300Wを最大9時間、容量12kWhの大容量タイプで冷蔵庫なども含め約430Wを最大23時間使用可能です(※使用条件等により異なる)。

 

 

2回にわたってエコ設備を紹介しました。

建替え、リフォームの時には参考にしてください。

 

 

お陰様で創立57周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★☆(五つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る