お知らせ

木材不足の現状について

現在、材木全般品不足が深刻になってきております。

既に新聞やニュースなどの情報でご存知かとは思いますが、簡単に説明させていただきます。

 

材料不足要因としては

・世界的なコンテナ船舶の不足により、輸入が激減しております。

・構造材の主材料である北米松材の輸入が激減しております。

・そのあおりで国産材も需要オーバーで、品薄・価格高騰の異常事態となっております。

・アメリカ住宅着工好調等で日本に木材が入りにくい状態です。

 

今のところの予想では少なくとも数か月先までは値上がりが続き、材料不足も解消されない可能性が高いので、今年計画されている物件があるなら早い段階で考えておく必要がありそうです。

 

そして、このままの状態が続いて、代替品の木材が無くなれば上棟が出来なくなる可能性も出てきました。

 

これから建築申込みのお客様、設計依頼のお客様には、これらのことをご承知頂きますことをお願い申し上げます。

 

状況の変化がありましたら、お知らせさせて頂きます。

 

令和3年4月5日

有限会社水野建築

代表取締役 水野孝治

ページトップへ戻る