お知らせ

既存住宅状況調査技術者の登録所証が届きました

9月9日(水)に名古屋の千種で行われた既存住宅状況調査技術者の更新講習で、考査の結果は合格しました。

本日、修了証明書と既存住宅状況調査技術者登録証が届きました。

これで2024年3月31日までの有効期限となりました。

 

 

既存住宅状況調査技術者とは、平成29年2月に創設された既存住宅状況調査技術者講習制度による新しい技術者資格です。

 

宅地建物取引業法の改正により、平成30年4月より、中古住宅の売買の際に行われる重要事項説明に、既存住宅状況調査を実施している場合にはその結果について説明することが義務づけられました。

なお、この調査を行うことができるのは、既存住宅状況調査技術者の資格を持つ者のみとなっており、従来のインスペクターの資格では行うことができませんので注意して下さい

 

既存住宅状況調査技術者が行う既存住宅状況調査(インスペクション)とは、構造耐力上主要な部分(基礎、壁、柱等)に生じているひび割れや、屋根、外壁等の雨漏り等の劣化事象・不具合事象の状況を、目視、計測等により調査するものです。

破壊検査、瑕疵の有無の判断、建築基準関係法令への適合性の判定等は含みません。

 

既存住宅状況調査(インスペクション)ご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 
■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る