ブログ

長期優良住宅を標準仕様にしてありますか?

昨日から土岐市肥田町の建て方作業で現場に入っています。

体がバリバリですが、心地いい疲労感です。

 

先日、資料請求のお客様から長期優良住宅についての質問がありました

なぜ水野建築さんは、長期優良住宅を勧めるのですか?

 

簡単に説明すると、長期優良住宅とは、世代を超えて住み続ける、性能の高い住宅です。

設備や内装を定期的に更新することで、その時代のライフスタイルに合わせた暮らし方ができ、いわば家を建てた人が、次に住みたい人にバトンタッチしていける「長寿命な住まい」のことです。

 

■長期優良住宅とは

 

■長期優良住宅認定基準

 

■長期優良住宅のメリット

所得税の住宅ローン控除、登録免許税の軽減、不動産取得税の軽減、固定資産税の軽減などがあります。弊社の建物で計算したところ約20万円くらいのメリットがあります。

また、建てた建物を売る場合があったとしても、長期優良住宅認定住宅であれば、一般住宅より高く売れます。

 

お客様が長期優良住宅のことを知っていないので、認定基準やメリットなどの説明をすると、ほとんどのお客様は興味を持たれ、最終は長期優良住宅仕様になります。

その中で、耐震等級は3、温熱環境はHeat2のG1レベル以上で提案しています。

 

建築会社の中には、お客様から要望がないとか、めんどくさいからとお勧めしていないところもあると思っています。

 

耐震性能、省エネ性能、維持管理・劣化対策性能があり、金利優遇、税制優遇、補助金も使える「長期優良住宅」がこれからの住宅の最低基準だと思っています。

 

この建物は、私達がその良さを理解し、お客様に進めることで採用されます。

お客様から「長期優良住宅で造ってほしい」と言ってくることはほぼありません。

お客様の知らなかった事をわかりやすく教えてあげるのが、私たちには必要ではないのでしょうか。

 

お陰様で創立54周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★(五つ星)です

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る