ブログ

「通風トレーニング」に出かけました

昨日、住宅技術評論家の南雄三先生の「Let‘s 通風トレーニング」に出かけました。

この年で「通風トレーニング」というと「痛風になったの?」と勘違いされますが、

私たちの業界では「通風」という言葉は風の通り道のことを言います。

P1410955

 

南先生曰く「住宅の通風計画を行う目的は?」

「それは、夏の夜にエアコンなしで寝たいから」

 

私も同感です。私も夏の夜はエアコンを入れません。扇風機を回したり、アイスノンを枕にして寝ています。

 

私達日本人は通風が大好きで、冷房が当たり前になっても、通風を捨てようとはしません。

通風については情緒的に捉えるだけで、科学的に理解していません。

そこで、基礎から始まって、通風計画に至るまでの知識と感覚を養える本を、

南先生が書かれました。そして、解析ソフトを用いて「風を読む」トレーニングをしながら

論を進めていく内容で編集され、「通風トレーニング」と名付けられました。

 

P1410957

 

ちなみに解析ソフトは100万円くらいで、サッシメーカーさんや大学などの研究機関で使用されています。

今回の勉強内容は下記です

①風の基礎知識 風を知る 風の入り方

②風の流れを読むトレーニング

③街中の密集地での風を知る

④通風計画・通風設計 計算

目に見えないものを捉え、それを表現するには、南先生の書かれた「通風トレーニング」を読み直して、

頭に叩き込まなくてはと思っています。

 

夜間、外気温が下がる時期には「上方一面解放熱対流型換気」で涼房する

難しい言葉ですが、勉強になった窓の配置です。

 

注文住宅&リフォームの水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸

https://mizuken1342.com/voice/土岐市土岐津町陶元o様邸

 

パナソニック リビング ショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です

http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/omoi/detail3.jsp?srcd=41

 

ナナメウエのイエの設計方法の詳しいことは

https://mizuken1342.com/lms/

 

事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。詳しいことは

https://mizuken1342.com/news/太陽光発電パネルの発電データ

 

 

ページトップへ戻る