ブログ

土岐市泉大沼町S様邸建築途中見学会

2月13日(土)・14日(日)に行う建築途中見学会は

完全予約制とさせて頂いています。

お陰様で、現在商談中のお客様や資料請求のあったお客様から

3組の申し込みがありました。完成見学会でないのに感謝いたします。

 

弊社が行う今回の建築途中見学会は、工事工程の時期の関係で

建築金物や筋交いの取付状況などの「地震に対する構造」ではなく、

「家を快適に維持するための断熱・気密工事」が

いかにして進められたのかが分かる建築途中見学会です。

 

今日は、断熱・気密のこだわりのポイントを説明します。(次回は設計のポイントの予定)

 

ブログで、「冬暖かい家・夏涼しい家」の話を書いていますが

、弊社のこだわりである断熱材の効果を発揮できる構造を実際に

見ていただくことが一番伝わりやすいのではないかと思います。

断熱材も建物が完成してしまえば見えなくなってしまいます。

 

そして、建物はただ単に断熱材を入れればそれでいいという話ではありません。

断熱効果を確実に発揮させるために、隙間から入る風の侵入や暖気の

流出を防ぐためには、気密がとても大事になります。

 

どんなに良い断熱材を使っても気密が悪ければ、性能を発揮できず、

快適な家を作ることは出来ません。

空気の勝手な振る舞いを許さない「気密」が不可欠です。

 

実は、H11基準には、気密性能を示す「相当隙間面積」の必要数値が

示されていましたが、平成21年度に外され、

平成25年基準からも外されてしまいました。

 

気密を確かめるために弊社では気密測定を行います。

(C値として表します。C値が低いほど性能がいいです)

前回のS様邸の気密測定ではC値は1.0c㎡/m2でした。

 

来週には2回目の気密測定を予定しています。

前回測定した数値よりも気密シートを施工していますので、確実に良くなります。

 

気密も測定してみなければわかりませんので、

新築やリノベーションをした建物はぜひ気密測定を行ってください

 

当たり前の事ですが、見えないところを気にして造り、ひと手間かけた家は「良い家」になります。

安物買いの銭失いなならないように!!

 

今回の建築途中見学会は完全予約制となっておりますので、

ご興味を持たれた方は下記の方法で受け付けをしますので、

ご予約をお願いします。

 

 

TEL:0572-54-1342

FAX:0572-55-0306

メール:kouji@mizuken1342.com

 

■現場の状況です

足場が外れて建物の外観が見えてきました

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お陰様で創立51周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
■無料メールセミナー
失敗しない家づくりの秘訣はコチラ
■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ
■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ
■パナソニック リビングショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です。
詳しくはコチラ
■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る