ブログ

土岐市Y様基礎工事が終わりました

7月9日から始めました土岐市Y様邸の基礎工事が7月21日に完成しました。

Y様邸も長期優良住宅の認定を取得しました。弊社では全棟許容応力度計算によって「耐震等級3」を取得しています。

 

耐震等級3だと、写真のような鉄筋コンクリートの地中梁が基礎の中に出てきます。

 

大きな地震に耐えるためにもまずは基礎が大切です。そして、何よりも構造計算をして耐震性能に根拠を持たせることが、さらなる安心につながりますよ。

 

基礎工事の写真です。

■着工前

丁張(建物の位置出し)が終わったところです

 

■根切+砕石+防湿シート

土の湿気が上がらないようにシートを被せます

 

 

 

■鉄筋組立

基礎の形に合わせて墨出しを行ってから鉄筋を組みます。

 

■第三者機関による鉄筋の配筋検査

写真を撮ったり、配筋の間隔を測ったり、本数を数えたり。規定通りに施工されているか、細かくチェックしています。

 

 

■耐圧版コンクリート打設

コンクリートを流し込んでいきます。

 

 

 

■アンカーボルトセット

土台と基礎を接続するアンカーボルトは型枠を設置するときに鉄筋に接続します。

業者さんの中では、「田植え」といって、コンクリートを打設後にアンカーボルトを設置する業者さんもありますのでこれは止めた方がいいですね

 

■立上りコンクリート打設

型枠内にコンクリートを流し込みます。コンクリート打設後に水が引いたときに、水平を出すため住宅の布基礎用天端仕上材「レベラー」を空気が入らないように薄く流して水平を出します。

 

 

 

■基礎工事完成

 

天気の都合によりますが、今週建前の予定です。

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、パッシブデザインでの注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★☆(五つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る