ブログ

土岐市泉大沼町Y様邸の外壁は「そとん壁」です

土岐市泉大沼町Y様邸の外壁は「そとん壁」を採用しました。

その理由は、Y様から「そとん壁」を使ってみたいと相談があり、私も興味を持っていた外壁なので即決定となりました。

 

「そとん壁」とは、シラスという材料を塗りつける外壁です。左官屋さんが仕上げる塗り壁の一つです。

そとん壁の詳しいことはコチラ

シラスの詳しいことはコチラ

 

そとん壁のメリットとしては、原料は無機質の「シラス」であり、天然の顔料を混ぜて色を出しているため、紫外線による劣化や退色が起こりにくいという特徴があります。

 

また、塗り直しのメンテナンスがいらないとう特徴もあります。

サイディングの外壁より100万円~150万円高くなりますが、10年~15年ごとに外壁塗装が必要なサイディングと違って、外壁塗装が不要な「そとん壁」のほうが長期的に見ると安くなります。

 

そして、塗り壁特有の高級感のある外観に仕上がります。

 

デメリットとしては、先ほどの金額が高いことと、工事期間が長くなります。

左官屋さんが塗る工事になりますので、天候に左右されますので、工事期間に余裕が欲しいです。そして冬は避けたいですね。

 

デメリットではないですが、ザラザラした表面の仕上げをしているので、建物の周辺環境によっては”コケ”がつく場合があります。

 

■工事の順番です

 

下地を作成します。今回は一般的な「キズリ」です

通気ドーブチの上に杉板を張っていきます。

 

次に防水シートを張り、その上にラスと言われる金網を張ります。

ラスと呼ばれる金網の上に「そとん壁」用の下地モルタルを塗ります。

 

 

 

 

下地モルタルをしっかりと乾かした上に「そとん壁」を塗っていきます。

いい天気が続く日を選ばないといけませんので工事期間が長くなります。

 

 

メンテナンスとしては、定期的にスチーム洗浄機や高圧洗浄機で汚れを洗い流します。

「そとん壁」は多孔質であるため、綺麗に汚れを取ることが出来ます。

ほぼノーメンテナンスで、性能を維持できる超高耐久の外装材です。

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、パッシブデザインで注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★☆(五つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る