ブログ

リフォーム瑕疵保険の中間検査を受けました。

現在工事を行っている土岐市下石町T様邸でリフォーム瑕疵保険の中間検査を受けました。

 

リフォーム瑕疵保険とは、工事後に不具合や瑕疵があった場合に適用できる保険です。

この保険は検査と検証がセットとなっており、工事を行う建築会社が入る保険です。

 

 

建築会社は「住宅瑕疵担保責任保険法人」と呼ばれる、国土交通大臣が指定した保険会社の中から選ぶ必要があり、水野建築では住宅あんしん保証の「あんしんリフォーム工事瑕疵保険」を採用しています。

 

リフォーム瑕疵保険に加入した場合のメリットを簡単に説明すると、リフォーム工事後に不具合や瑕疵が補償されること以外に、検査は第三者である専門の建築士によって行われるので、施工品質を確保できて工事後のトラブル発生のリスクを軽減できます。

 

また、業者が倒産しても保険会社からの補償は有効なので安心できます。

これは工事完了後に欠陥が見つかった場合はもちろん、工事中に業者が倒産してもリフォーム代を補償してくれることを意味します。

ただ、今回は最長でもリフォーム工事の完了日から5年間の保証期間です。

 

次に、リフォーム瑕疵保険のデメリットについてですが、

1つ目は、この保険の加入は任意のため保険料を支払う必要があることです。

金額は工事内容によって変わりますので、建築会社さんに聞いてください。

 

2つ目は、検査が入ることで工期が長くなったりします。(検査日の調整が必要)

今回の場合は構造安全上のチェックと外装下地が終わったところでの検査を保険会社さんから指定されましたので、その検査に合わせるために構造検査と外装下地検査行いました。

 

3つ目は、申請書類を作成するのに手間暇がかかります。ただ、これは業者の都合ですので流してください。

 

リフォームの瑕疵保険を活用すれば、トラブルが起きた場合でも対応が可能になります。

ただ、気をつけなければならない点がいくつかあるのも確かです。

瑕疵保険の仕組みをよく理解し、上手に利用していきましょう。

 

耐震工事や外壁や屋根をやり替えるなど、比較的大きな工事を行う際にはリフォーム瑕疵保険に加入しておくと安心ですよ。

 

次回の検査は完了検査となります。

 

 

 

お陰様で創立56周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

 

完成見学会のお知らせです。

3月6日(土)・7日(日)に土岐市内で完成見学会を開催します。

完全予約制の構造見学会になりますので、ご希望の方は電話・メール・FAXで予約をお願いします。

開催場所の詳しい内容は予約後にお伝えします。

 

完成見学会の詳しくいことはコチラ

ページトップへ戻る