ブログ

土岐市下石町T様邸契約しました

建築申込みを頂いていた土岐市下石町T様と契約しました。

工事内容は1階部分の性能向上リノベーション工事(本質改善型リフォーム工事)を行います。

 

前回のブログはコチラ

 

現在の建物は1階、2階合わせての床面積が52坪です。お子様が巣立たれて奥様と二人きりになり、1階で生活できる24坪を性能向上リノベーション工事を行います。

 

現在の1階のWC・洗面室・浴室、LDK、和室をスケルトン解体(柱や構造材だけにする工事)をして断熱改修工事と耐震改修工事を行ない性能向上を目指します。

 

耐震診断前の評点は、大きな地震が来ると倒壊する可能性が高い0.54という数値です。

耐震改修後は、一応倒壊しない1.06まで評点を上げました。

 

 

断熱改修では、既存建物は天井に断熱材が50ミリ入っているだけで、サッシはシングルガラスです。冬の朝は暖房を入れるまでとても寒かったと思います。

 

水野建築では改修前と改修後の室温をグラフで表すことが出来ます。

グラフを参照してください。

 

 

晴れた冬の朝7時の外気温が3度です

改修前は、リビングは8度、その他の部屋は6度です。

改修後は、リビングは17度、その他の部屋は11度です。

 

 

 

曇りの冬の朝7時の外気温が4度です

改修前は、リビングは9度、その他の部屋は6度です。

改修後は、リビングは17度、その他の部屋は11度です。

 

17度は5月上旬の日中の平均気温です。想像してみて下さい。17度がどれくらい気持ちいいかわかると思います。

 

数値で説明すると

着工前のUA値は1.41(Q値4.2)

完成後のUA値は0.42(Q値1.6)

 

 

性能向上リノベーション工事(本質改善型リフォーム工事)では「改修するところ」と「改修しないところ」を適切に仕分ける分析力(設計力・施工力)が必要になってきますので、建築会社を選ばれるときは注意をして下さいね。

 

性能向上リノベーション工事(本質改善型リフォーム工事)に興味を持たれたらお気軽に連絡をください。

 

来年の1月から工事が始まります。

 

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る