ブログ

換気量はどのくらい必要?&換気できるエアコン

コロナ禍でウイルス感染症対策としての換気が大切になってきています

また、健康で快適な生活を送るためには換気は不可欠です。

給気と排気が確実に行われるように住宅をつくりましょう。

 

 

快適な空気環境を作るために必要な換気量はどのくらいでしょうか?

建築基準法では、建物の大きさや居住者数に応じて必要換気量が定められています。

必要換気量とは、室内の空気をきれいな状態に保つために、換気しなければならない空気の量のことです。

 

必要換気量の計算方法は3つあります。

1つ目は、居住者数から算出する方法です。

一般的に一人当たりの必要換気量は1時間30㎡ほどといわれており、この数値に居住者数を掛け合わせることで必要換気量を算出できます。

 

2つ目は、家の広さを基にした計算方法です。建築基準法では、1時間に必要な換気回数は0.5回だとされています。この数値に家の体積を掛け合わせることで必要換気量を算出できます。

 

3つ目は、部屋ごとの換気量の目安を基に計算する方法です。

今回は3つ目の計算方法は割愛しますが、部屋の種類に応じた換気量の目安があり、それらを足すことで家全体の必要換気量を算出することができます。

 

住宅における必要換気量は、3つの計算法のうち数字の大きいものを目安とするとよいでしょう。

また、喫煙者やペットがいる場合は、少し高い数値を目安にすることをお勧めします。

 

建築基準法では、住宅全体の空気が2時間で入れ替わる程度の換気が必要だとされています。いい方を変えれば1時間で家の半分の空気が入れ替わることです。

 

 

家の面積が100m2(30坪)、天井の高さが2.5mとすれば

100m2×2.5m×0.5回=125m3 の空気を屋外に排気する必要があります。

換気扇や換気システムで125m3排気できればOKです。

必要換気量は余裕を持った数値で計算することをお勧めします。

 

こんなニュースが飛び込んできました。

ダイキンさんから「換気するエアコン」が発売されました。

 

エアコンは換気しないと思っていた人がほとんどだと思います。

ダイキンさんには4月ごろから換気の問い合わせが急増して、ホームページに、「エアコンは室内の空気を吸い込んで、その空気を冷たくしたり温めたりした後に、室内に戻すことで、快適な環境をつくるものです。」と記載されていました。

 

10月14日に当社独自の換気機能を搭載したルームエアコン5商品を新発売されたとのニュースが出ました。

詳しくはコチラ

 

流石、エアコンの第一人者ですね。高級機から普及機までラインナップしたのが特徴です。

これからの季節欲しくなってきますよね。

 

これからエアコンの取替を考える方は検討の余地はありまね。

 

お陰様で創立55周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る