ブログ

においも汚れも気にならないトイレの床材です

トイレのにおいの原因は床や壁に染みついた汚れです。

汚れにくい床や壁に変えれば、掃除が楽になるだけでなく、いやなにおいも軽減されます。

 

毎日トイレ掃除をしているのに、トイレがにおう、そんな悩みはありませんか。

トイレのにおいの原因のひとつは、床や壁に飛び散った尿なんです。

見えない汚れになって床や壁に残ってしまっているのです。

ですから、ご自宅では男性も座って用を足す方が多いと思います。

 

トイレのにおい対策は、床や壁に汚れをつけない、残さないということに気をつけてください。

トイレ特有の汚れのアンモニアに強い、トイレ専用の床材や壁材が適しています。

 

ひとつは、セラミック素材です。セラミックは、汚れがつきにくく、染みこみにくい性質を持ち、日ごろの手入れは水拭きで十分です。

さらに光触媒の力をプラスしたものなら、においの元になる菌の発生を抑えるなど、清潔さを保ちます。

 

弊社が採用したことがあるTOTOのハイドロセラ・フロア Jシリーズです

 

 

 

 

床材がとても硬いので工事をする時は専用の工具が必要です。

 

ほかにも、ホーローの床材・壁材があります。

ホーローは、水にも汚れにも強く、においが染みこまないのでトイレまわりにもぴったりで、シミや変色の心配もありません。

 

床や壁をトイレ専用の内装材にすれば、掃除も楽々、においもなくなり快適ですよ。

 

一般的なフローリングは水に弱いため、水まわりには適さないのですが、水や薬品にも強い、トイレ専用のフローリングもあります。

 

トイレ用のフローリングには1枚のサイズが大きいものも。大判フローリングなら、継ぎ目が少なくなるので、掃除もしやすくなりますよ。

トイレの床をフローリング仕上げするなら、汚れに強いトイレ専用のものを選ぶと良いでしょう。

 

お陰様で創立57周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

松尾式設計研修プログラム受講して実践しています。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

 

「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページトップへ戻る