ブログ

トイレのつまりで修理依頼

金曜日の夜に、近隣に住むお客様から電話がありました。

「便器が詰まって水が流れないので至急見てほしい」

 

私はラバーカップをもってお客様の家に伺いました。

ラバーカップとはトイレのつまりや排水口のつまりを

直すための通水カップです。

 

 

 棒状の取っ手に、ゴム製の半球がついています。

ゴムが戻る力で空気を動かして水流を作り出します。

スッポン、ギュッポンと呼ばれることが多いです

 

これには、和式便器用のものと洋式便器用の形状があります。

和式便器用ラバーカップ

 

洋式便器用ラバーカップ

 

軽度のつまりであれば、和式用のものを使って

洋式のトイレのつまりを直せることもあります。

 

使い方は排水口にゴムを密着させカップをへこませ、

その後力を入れてグっと引き抜きます。

コツとしては、引き抜くときに力強く引っ張るイメージです。

 

お客様も自分でラバーカップを使って頑張られたのですが、

水が流れないままでしたので、修理依頼が入りました。

 

私が訪問して10分も作業すれば

詰まりがなくなり水が流れるようになりました。

(コツが必要です)

 

もし流れない場合は、外部の排水桝を開けて

桝が詰まっていないかを確認します。

桝が詰まっているなら詰まっているものを取り出します。

 

ラバーカップでの作業、排水桝をチェックしても

詰まっている場合は水道屋さんの出番です。

 

 

この便器はお客様が数年前に他社のリフォーム屋さんで

取替えられた便器でした。

そのリフォーム屋さんが廃業されたので、困られて電話がありました。

 

もし、便器修理に時間が必要なことを考えると、お客様は困ってしまうので、

トイレは2つ設置するのがいいのかと考えさせられました。

 

お陰様で創立53周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

構造見学会のお知らせです。

11月10日(土)・11日(日)に

土岐市土岐津町で構造現場見学会を開催します。

 

完全予約制の構造見学会になりますので、ご希望の方は電話・

メール・FAXで予約をお願いします。

開催場所の詳しい内容は予約後にお伝えします。

構造見学会の詳しいことはコチラ

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る