ブログ

土岐市土岐津町高山K様邸 注文住宅

ファイル 208-1.jpgファイル 208-2.jpg

土岐市土岐津町高山K様邸では昨日、地盤調査を行いました。

 

土地に建物を建設する場合、その土台となる土地が安定していなければ、安心して暮らせる強固な建物は建てられません。

 

建物を建てようとする土地が安定していない場合には、地盤を改良することで、安定させることが可能です。
この地盤改良を実施する上で、一番の基礎となるのが「地盤調査」から得られる情報です。

 

当社が行っているスウェーデン式サウンディング方法とは、北欧のスウェーデンで生まれた試験方法です。日本でも戸建て住宅の地盤調査方法として最も普及している方法です。

 

鉄製の棒の先端にスクリューがついたものを地面に突き刺し、おもりを加えます。その後、上部についたハンドルを回しながら地中に25cm貫入させるのにハンドルを何回転させたかで土の固さや締まり具合を判定します。

 

この方法で、建物が建つ予定の四隅、できたら中央も合わせて5箇所ほどの調査を行います。

 

地盤調査の結果、建設する住宅が耐えられない様な軟弱地盤と診断された土地に対し、基礎下の地盤を補強する「地盤改良工事」が発生します。

 

解析結果が出るのは今週の末日になります。

 

 

岐阜県土岐市注文住宅の水野建築でした

ページトップへ戻る