ブログ

多治見市H様邸 大規模リフォーム工事

ファイル 316-1.jpgファイル 316-2.jpgファイル 316-3.jpgファイル 316-4.jpgファイル 316-5.jpg

先週から多治見市H様邸に造作工事に入りました。

 

造作工事とは大工さんが現場に入って天井・壁・床を作ったり、外壁の下地等の作業をする事です。

 

H様邸は大規模リフォーム工事になりますので、新築住宅の造作工事より余分な作業があります。

 

解体時に必要としない柱は撤去してありますが、間取りの関係で増やす柱を建てます。また、古い柱はまっすぐに立っていないので、いったん外して立て直しをしたり、古い柱を削ったりしてまっすぐにします。

 

この作業をしっかりやっておかないと後から苦労する事になります。例えば、壁が斜めのままに仕上がって物を取り付けた時に隙間が出来てしまうとか、家具を収納しようとした時に入らなかったりとかします。

 

いい意味でいえば大工さんの腕の見せ所です。現場では垂直や水平を図る機械を使用して土台を敷き込んで柱を建て始めました。

 

岐阜県土岐市注文住宅の水野建築でした。

ページトップへ戻る