ブログ

大きな窓を見直して台風に備えましょう

昨日の夕方は、ゲリラ豪雨でした。

風も強くて、自宅の簾(スダレ)が飛ばされました。

 

台風のときに心配なのは、飛来物による窓ガラスの破損です。

物が飛んできても窓が割れないようにしておけば、台風の日も安心して過ごせますよね。

 

近年は台風が大型化し、日本に上陸する回数も増加傾向にあります。

地球温暖化が進めば、台風はより強くなるともいわれています。

 

台風への備えとして、見直しておきたいのが大きな窓まわりの対策です。

強風による飛来物で窓ガラスが割れると、室内に雨水が吹き込んでしまうだけでなく、割れたガラスの破片でケガをする恐れもあります。

 

飛来物から窓を守るには、シャッターや雨戸を設置するのがおすすめです。

本来、防犯や雨よけとして使われるものですが、飛来物から窓をガードしてくれるので防災にも有効です。

リフォーム工事で後から取付けできるタイプもたくさんあります。

 

 

 

 

シャッターや雨戸を設置できない窓なら、ガラスを「防犯合わせガラス」にしておくと安心です。

ガラスの間に強度と柔軟性に優れた樹脂中間膜を挟み込んだ、破壊されにくく、飛散しにくい複層ガラスです。強風時の飛来物対策にも有効です。

万が一、衝撃で割れた場合も飛び散りにくいので、ケガのリスクを大幅に抑えられます。

付け加えるなら、紫外線カット効果にも優れています。

 

クリックすると画像が大きくなります

 

台風の上陸が多いのは8月から10月にかけてです。

本格的なシーズン到来前に対策をしておきたいものです。

 

お陰様で創立57周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

松尾式設計研修プログラム受講して実践しています。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る