ブログ

職人さんが不足です

最近、京都や名古屋の建築会社さんから電話がありました。

建築会社「大工さんを貸してもらえませんか?」

私            「どのくらいの期間ですか?」

建築会社「最低でも2週間は来てほしいです。寝るところ、3食の食事はこちらで用意しますので、何とかなりませんか?」

私   「ごめんなさいね。当社も忙しいので・・・」

建築会社「そうですよね」

私   「どこで当社を見つけたのですか?」

建築会社「NTTのタウンページです。大工さんが、いるであろう工務店さんに電話している所です」

 

今、私たちの業界は人手不足です。

 

建設会社さんは、大工職人を外注として使っています。

仕事のある時にだけ使って、仕事が無ければ連絡もしないという使い方でした。

国勢調査資料によると、1980年に93万7000人いた大工就業者は、

2010年には39万7000人に30年間で57.6%減と実に半数以上の

大工就業者が数字上から消えています。

また、大工就業者の高齢化も見逃せません。

 

また、ほとんどのハウスメーカーは大工職人の育成はしていません。

一部の工務店が少ししているだけです。

 

職人の育成は、下請の工務店に任せきりです。多くの大工職人には社会保険はありません。

年金などの老後の保証もありません。

「弁当と怪我は自分持ち」の業界です。現場で汗をかく職人さんは、そんなひどい待遇なのです。

 

当社は、大工さんを「社員大工」として、育成しています。

社会保険に入って、退職金の積み立ても行い、万が一の労災にも対処できるように保険を掛けたりして、

職人さんの地位を向上できるようにしています。

また、「大工育成塾」さんと一緒になり、積極的に若い大工職人さんを育てるようにしています。

P1330884_edited-1

4月以降もこの状態が続くと思われますが、職人一人でできる仕事量は大きな差はないと思います。

長いスパンで人材育成を考えなければと思います。

 

職人さんの仕事量が増えれば、職人さんの労働条件も良くなるはずです。

そして、仕事がないときでも、工務店さんは大工職人さんの面倒を見る事も必要だと思います。

 

 

注文住宅&リフォームの水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸

https://mizuken1342.com/voice/土岐市土岐津町陶元o様邸

 

パナソニック リビング ショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です

http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/omoi/detail3.jsp?srcd=41

 

ナナメウエのイエの設計方法の詳しいことは

https://mizuken1342.com/lms/

 

事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。詳しいことは

https://mizuken1342.com/news/太陽光発電パネルの発電データ

ページトップへ戻る