ブログ

室内物干の相談がありました

梅雨の季節の最中です。
 
最近新規のお客様から室内物干しを取り付けたいので、
相談に乗ってほしいとの連絡が数件ありましたので、
私なりに紹介します。
 
梅雨の時期、風が強い日や花粉の時期やなど、
洗濯物を室内干しする機会って結構ありますよね。
 
広げるタイプの室内物干しもお手軽で便利ですが、
使わないときの保管場所にも困ります。
使わない時に畳んでおいても大きくてクローゼットには
入らないので、邪魔なんですよね。
 
そんな室内物干しの中でも、建物に固定させるタイプは、
後から付けることも可能な商品2つを紹介します。
 
まずは、壁付の「ホシ姫サマ」(パナソニック)
 
天井に取り付けるタイプの室内物干しユニット「ホシ姫サマ」が
便利で見た目もすっきりでおすすめです。

 

■ホシ姫サマを収納した土岐
 
ca091ab6sm012

 

■ホシ姫サマ使用中

la041be00008_p005_03
 
窓から入ってくる太陽の光を上手に利用して
洗濯物を室内に干すことができます。
 
つりさげ可能な洗濯物の重さは10キロまでです。
洗濯物を干さないときはカバーができるので見た目もすっきりです。
カーテンレールのような見た目なので、
違和感なくインテリアになじむデザインになっています。
 
「ホシ姫サマ」を取付けるにあたり下地に注意が必要ですので、
DIY経験者でも下地さえしっかり探せれば取り付けることは可能です
ただ、一般の方では難しいと思います。
 
次に紹介すのは、壁付けの
「PID 4M」(森田アルミ工業 ワイヤータイプ)
 
必要な時だけワイヤーを伸ばして、
パッと手軽に洗濯物を干せる室内物干しです。

 

■本体の写真

1439969301_031650100

 

■使用中

1439969301_031513700
 
右側の丸いつまみを引っ張るとワイヤーが出てくるので、
それを反対側のフック受けに取り付け、
左側のつまみを回してロックすればすぐ物干しとして使用できる。
 
そのほかに、天井への取り付けタイプのものがありますが、
一般の方では無理ですのであえて紹介しません。
 
器具のタイプは生活スタイルや洗濯物の量、
室内干しが出来るスペースによって選び方は変わりますので、
お気軽にご相談ください。
 
 
お陰様で創立52周年を迎える事が出来ました。
注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 
■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る