岐阜県土岐市で新築一戸建て・注文住宅・リフォームなら水野建築

お問い合わせ イベント情報 岐阜県土岐市で新築一戸建て・注文住宅・リフォームを行う水野建築の家づくりガイドブック無料プレゼント
TOP

収納スペースは適材適所をお勧めします

収納についてお話を伺うと、収納スペースをたくさん希望される場合があります。

賃貸住宅の収納スペースが少なくて不便だったために、「新築したら収納スペースをたっぷり設けて、スッキリとした部屋にしよう」と思う方は多いものです。しかし、単に収納スペースを増やすだけでは片付きません。

『後で片付ける病』を防ぎ、家族みんなを片付け上手にするにはコツがあります。

 

プランをたてるとき、収納率を15%から20%にします。

収納率20%とは床面積(居住面積)に対して収納場所の床面積を20%確保することです。

例えば、床面積が100m2の家なら、15m2~20m2を収納面積として確保してください。

建売住宅だと収納率が10%以下が多いので、どうしても室内に物があふれてしまします。

 

下記の様にすれば部屋の中はスッキリします。

では場所ごとに考えていきましょう!

 

■使いやすい高さに、使いやすい収納アイテムで収納しましょう

例えば衣類を収納する時、必ずタンスを使うという決まりごとはありません。

クローゼットやベッド下などに収納できるなら、衣装ケースで十分です。

その際、置き場所の高さ・奥行・幅にピッタリ合ったサイズだと無駄がありません。

置き場所によって「引き出し式」「コロ付き」などを使い分けることで、より出し入れしやすくなります。

■同じものは同じ場所に収納する

同じものを別々の場所に収納すると、在庫管理が面倒です。

種類別に同じ場所に収納すると、「ストックがないと思って購入したら、別の場所にあった」「いつの間にか賞味期限が切れていた」といったトラブルを防げます。

 

■使う場所に収納スペースを設ける

使う場所と収納場所が離れていると、片付けるのが面倒になります。

動線は、できるだけ短くしましょう。

例えば、

・家族の衣類のうち、下着とパジャマは脱衣所に収納する

・それぞれの個室ではなく、着替える場所に衣類を収納する

という感じです。

 

また、よく使うものを高い場所に収納すると出し入れが面倒です。

出し入れしやすい場所に収納しても、蓋つきだとやはり面倒です。

最も出し入れしやすい高さは、『手を下ろして直立した時の、目から指先までの間』とされています。上記のコツを意識した収納スペースを設けて、家族みんなを『片付け上手』に育ててみません

 

お陰様で創立58周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

松尾式設計研修プログラム受講して実践しています。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはコチラです

■無料メールセミナー 「失敗しない土地選びの秘訣」
失敗しない土地選びの秘訣の詳しいことはコチラです

■無料メールセミナー 「失敗しない業者選びの秘訣」
失敗しない業者選びの秘訣の詳しいことはコチラです

空間広々!タンクレストイレを採用してみませんか。 一覧