ブログ

資金計画の注意点

先日、お客様とお話をしていた時の話です

住宅展示場の中にあるハウスメーカーさんと資金計画の話になったそうです。

「いきなり税込年収でどのくらいありますか?」と聞いてきたそうです。

P1390489

 

彼らは、例えば年収が500万円なら

返済負担率30%で年間の支払額は150万円、

毎月なら125,000円までなら支払う事が出来ると計算します。

そして、借入金額は3,500万円までならOKだと説明されたそうです。

私は、その資金計画のやり方が違うのではと思います。

でもほとんどの建築業者さんは、返済負担率30%で計算します。

そして、年収の5倍から6倍までの借入金額を提示します。

じつは、ここに落とし穴があります。

住宅会社の都合での計算方法を信じると、後で大変なことになるかもしれません

ご主人は住宅ローンを払うために働いて、

・家族との楽しい旅行に行けない

・家族との外食も満足にできない

・子供に満足な教育もうけさせられない

こんなことが起こるかもしれません。

 

私が、お客様に進めるのは、今の生活を変えずに、

現在払っている家賃(駐車場代・共益費を含む)にプラスして余分に無理なく

住宅ローンを払う事が出来るかを一緒になって考えます。

(車のローンがあれば、それもローンになりますので、注意が必要です)

 

その金額をもとに、35年返済として総支払金額を出します。

これが私が提案する「安全予算」なのです。

 

最初の予算を「限界予算」(支払限度額まで借入すること)にしないようにして下さいね。

詳しいことが聞きたい方はお気軽に連絡をください。

注文住宅&リフォームの水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

住宅相談会(2月22日)「家づくりとお金の話」に興味がある人は

http://mizuno1342.sakura.ne.jp/wp/blog/archives/519

 

ランドメードシステム(ナナメウエノイエ)による土岐市土岐津町O様邸

https://mizuken1342.com/voice/土岐市土岐津町陶元o様邸

 

パナソニック リビング ショールーム名古屋で紹介されている当社の物件です

http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/omoi/detail3.jsp?srcd=41

 

ランドメードシステム(ナナメウエの家)の設計方法の詳しいことは

https://mizuken1342.com/lms/

 

事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。詳しいことは

https://mizuken1342.com/news/太陽光発電パネルの発電データ

ページトップへ戻る