ブログ

瀬戸市品野町E様邸 気密測定C値=0.3

先週の9日(火)瀬戸市品野町E様邸で気密測定を行いました。

弊社は新築及びリノベーションの現場は全棟気密測定を行います。

 

今回はサッシを取付けて、建物内部に気密シートを取付けた状態で行いました。

なぜ気密測定をするのかというと建物に隙間がなく気密工事がしっかりできているかを

確認するためです。

 

気密は簡単ではありませんが、気密測定の回数を重ねると気密のポイントが分かってきます。

当たり前ですが、気密部材や気密シートでしっかり施工をして気密測定に臨みます。

 

気密がしっかり出来ていないと、空気が勝手に動いてしまい24時間計画換気の役目を果たさないことになります。

 

気密測定の数値をC値といいます。一般的には最低限の数値としてC値1.0以下です。

それより数値が悪いと24時間換気計画はうまくいきません。

 

目標数字の理想は0.5以下です

また、C値が大きいと外気の影響を受けやすくなるので、夏暑く、冬寒くなります。

 

測定結果ですが、C値は0.3でした。 今までの最高値でした。

頑張ってくれた入社3年目の郷君のおかげです。

家中の空気を集めると6.3cm×6.3cm=39.7cm2です。

すごい性能なんですよ。

 

実は気密測定を行わない会社の方が多いのです。

断熱性能や気密性能だけが良くても住まいの居心地は良くなりませんので、断熱、気密、24時間計画換気、日射遮蔽はセットで考えてくださいね

 

お陰様で創立54周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

水野建築は、ZEHビルダー★★★★★(五つ星)です。

 

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る