ブログ

無理なく節水できる浴室のシャワー&浴槽

家の中でもっとも水を使う場所は浴室です。だから節水効果も出やすいです。

シャワーや浴槽を見直せば、いつも通りに入浴しても、大幅に水の使用量を抑えられます。

 

家庭で使用される水のうち、約4割はお風呂で使われています。

お風呂でしっかり節水できれば、水道代をグンと減らせます。

 

 

お風呂でまず見直したいのがシャワーです。

従来のシャワーは、1分間に約10リットルの水を使用するといわれています。

シャワーを10分間使うと、水の使用量は100リットルに。

4人家族なら400リットルにもなり、これは浴槽2杯分に相当します。

 

従来のシャワーを節水タイプに交換すれば、水の使用量を約35%削減できます。

シャワーの水に空気を含ませたり、穴を小さくしたりして、水の勢いを弱めることなく節水を実現しています。少ない水でもしっかりと洗い流すことができます。

 

 

また、手元に止水ボタンがあるタイプなら、洗髪や掃除のときにこまめに水を止められるので、節水効果がさらにアップします。

止水ボタン付きの節水シャワーなら、従来シャワーの約半分まで水の使用量を減らせます。

止水ボタン付きの節水シャワーは、1万円前後の追加で設置できますので、是非取付けてほしいですね。

 

節水できる浴槽もあります。

内部にステップと呼ばれる段差がある浴槽で、でっぱりの分だけ、使う水の量を減らせます。

そして、この段差を利用して半身浴として使うことが出来ます。

また、小さいお子様は段差部分に腰掛けるとちょうどいい高さでお湯に浸かることができます。

子供が浴槽に出入りするとき、ちょうどいいステップになります。

 

 

ステップに足を乗せれば、ひざを伸ばして肩までつかれるので、リラックス感も申し分なし。ステップに座れば半身浴も楽しめます。

 

特に毎日お湯に浸かるという方や、追い焚き機能を利用しているという方は節水浴槽でより光熱費を抑えることができます。

 

節水タイプのシャワーや浴槽は、これまで通り使っても無理なく水の量を減らせるので、ぜひ採用して下さいね。

 

お陰様で創立57周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

松尾式設計研修プログラム受講して実践しています。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る