ブログ

窓の外で日除けをしましょう。

梅雨にはいっていますが暑い日差しが窓から入ってきています。

梅雨が明ければ、暑い夏がやってきます。

 

夏場に室内が暑くなるのは、屋根や外壁、窓などから外の熱が伝わるからです。

なかでも、熱が伝わりやすいのは「窓」です。

夏場はおよそ7割の熱が窓から入ってくるといわれています。

 

つまり、窓への日差しを遮れば、室内の暑さはぐっと抑えられるということです。

窓の日差し対策が夏の室温を大きく左右するのです。

窓の外で日除けをしましょう。

 

日差しを遮る方法はいろいろありますが、なかでも設置が簡単なのが外付けロールスクリーンです。

1つの窓なら30分ほどで取り付けが完了します。

外壁に穴を開けずに取り付けられるものもありますので、これなら簡単に設置できます。

 

■外付けロールスクリーン 前

 

外付けロールスクリーンは、窓の外で日差しを遮るため、室内に入ってくる太陽光の熱の8~9割をカットできます。

室温の上昇を抑えて冷房の効きもよくなり、節電にもつながります。

 

■外付けロールスクリーン 後

 

南側の窓や、西日が入る窓など、強い日差しが入り込む窓に取り付けると効果的です。

日差しをよけたいときにはシェードをさっと引き下ろすだけなので手軽です。

日よけを使わない季節は、巻き上げておけば邪魔になりません。

 

すだれやよしずのように季節ごとに出し入れする手間もなく、使っていないときの収納場所を確保する必要もありません。

シェード生地は耐久性が高く、長く使えます。傷んでも、生地だけ取り替えることもできます。

 

日差しをカットする外付ロールスクリーンをお勧めします。

 

「住いの相談」はいつでも行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

お陰様で創立57周年を迎える事が出来ました。

岐阜県土岐市、注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

松尾式設計研修プログラム受講して実践しています。

水野建築は、ZEHビルダー★★★★(四つ星)です

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」優秀賞を受賞しました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る