ブログ

洗面室・浴室リフォーム工事の受注

先週の土曜日に、オーナーのお客様から洗面室・浴室リフォーム工事を受注しました。

2年前にはトイレのリフォーム工事を行い、先月には外壁の補修工事を行いました。

 

集金に伺った時に、今回のリフォーム工事の話が出て、現場調査→見積と

プレゼン資料作成→説明をして受注となりました。

 

工事内容は、既存の浴室(在来のタイル貼り)と洗面室を解体して新しくします。

洗面室の建具もドアから引戸にしたり、給湯器の取替も行います。

 

今回採用するバスルームの「リフォムス」(パナソニック)はお勧めの商品です。

標準で床暖房とカビシャット暖房換気乾燥機が標準で付いています。

入浴する10分前にスイッチを入れれば快適な室温になり、

ヒートショックを気にしなくていいのです。

 

そして、床・壁・天井を断熱材と気密パッキンで塞いでいますので、熱を逃がせません。

お湯を張ったあと5,5時間後でも-2.5℃しか下がりません。

 

洗面室にも同じように暖房換気扇を取付けていますので、

洗面室も暖かい部屋で着替えができます。

 

さらに、酸素美泡湯も標準で付いていますので、快適に過ごすことができます。

 

 

 

ご発注を頂いた後の会話での会話の中で、

「19坪の床面積を768万円で建てられるのに、2坪のリフォームで、

この金額の半分以上の費用が必要なのですね?」

 

近くに○○○○ホームのモデル住宅があります。768万円ののぼりが揺れています。

 

提案した商品の良さや、弊社の事を理解されていますが、

予定された予算より少し高くなったので、この言葉になったと思います。

 

安いか高いかはお客様が判断する事ですが、金額だけで

判断されることの無いようにしなければなりません。

 

お客様の困っている事や不便な所が解消できるようにした

リフォーム工事をして喜ばれるんですよね。

 

心に銘じて工事を行います。

工事開始はは1月下旬の予定です。

 

お陰様で創立50周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

■無料メールセミナー
失敗しない家づくりの秘訣はコチラ

■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ

■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ

■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る