ブログ

住宅瑕疵保険の構造体検査が終わりました。

土岐市泉大沼町S様邸の進捗状況です。

住宅瑕疵保険の構造体検査が終わりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今回1か所の指摘を受けました。

筋違を柱に取り付ける時に金物を使用します。

その時の取付ビスの表面の色が違っていますが理由はありますか?

 

理由としては大工さんが在庫の古いビスを使用してしまいました。

取付ビスの種類が違うだけで強度的には問題ありませんが、

今後は注意しなければなりません。

 

外部では、外壁下地として「ダイライト」を張っています。

取付は、N50鉄丸くぎを使用し、幅91cmの面材毎に外周部では

10cmピッチで、間柱部分にくる中通りでは20cmピッチで留めていきます

 

住宅瑕疵保険の検査では、釘のピッチが正しく施工されているか、

釘頭はめり込んでいないかをチェックします。

S様邸では合格しましたので、後日、防水・透湿シートを張り始めます。

 

実は、近くの現場で、建前が終わった次の日から同じように

ダライトを張りながら、防水・透湿シートを張っている現場があります。

 

構造体検査を受ける時には、大事な釘のピッチが正しく施工されているか、

釘はめり込んでいないかをチェックができません。

この現場は大工さん任せになっています。

 

でも、瑕疵保険の検査員は聞き取りだけで合格を出すと思います。

これっておかしいですよね。

 

一般の人には、釘を適当に打っているように見えると思いますが、

耐力壁とし強さを発揮するには、決められた釘で、

決まった間隔で留めていく必要があります。

 

当社では社員大工さんが釘に注意しながら取付します。

その後、私がもう一度チェックをします。

そして住宅瑕疵保険の検査員にチェックをしてもらいます。

 

2人の有資格者による「ダブルチェック」になります。

当たり前の事ですが、欠陥の無い建物を作る事にはチェックは欠かせないと思います。

 

お陰様で創立50周年を迎える事が出来ました。

注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
■無料メールセミナー
失敗しない家づくりの秘訣はコチラ

■ナナメウエのイエによる土岐市土岐津町O様邸
詳しくはコチラ

■ナナメウエのイエの設計方法
詳しくはコチラ

■事務所の太陽光発電パネルの1年間の発電量をHPに公開しています。
詳しくはコチラ

ページトップへ戻る