ブログ

プロが教える建築写真の撮り方

先週の木曜日にパナソニック 住まいパートナーズが開催された

「プロが教える建築写真の撮り方」の勉強会に参加してきました。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
写真の撮り方は、「ナナメウエのイエ」の研修会で
岩本さんに指導を受けて以来5年振りくらいになります。

 

前半の1時間は座学の勉強で、
後半の1時間はショールームの中で先生の指導のもと
バスルームやキッチンなどの撮影を行いました。
現場で指導してもらえるととても勉強になりました。
 
いい写真がどういうのかもわからないので、
現場に入ればシャッターを何回も押していました。
今度からは下記に注意して写真を撮影します。

 

・建築写真で大事なことは水平・垂直を
しっかりと出すことを再確認できました。

 

・撮影する部屋に入ったら、直ぐに撮影しないで、
じっくり室内を見渡して、撮影ポジションを決める。

 

・決め手はアングル(カメラで写す時のレンズの角度)と
構図(液晶画面の中に各部位を心地よく配置する)です。

(シンメトリーと対角線の構図)

 

・リフォーム作品を見せるためには、
撮影は1枚で表現せずに数枚で表現する方がいい。

 

・自然の光で撮影した方がいいので、フラッシュはたかない。
室内が暗いときは露出補正を使う。

 

充実した2時間の研修会でした。

 

■ダメな写真 垂直がでてない

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■まあまあの写真

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お陰様で創立52周年を迎える事が出来ました。
注文住宅&省エネ・快適・健康リフォーム工事の水野建築でした。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

 

■お問合せ先
お問い合わせはコチラです

ページトップへ戻る